2010年12月12日

琴滝イルミネーション 冬ほたる2010



LED55万個を使ったイルミネーション 琴滝への遊歩道を幻想の世界へと、、


カミさんと京都丹波の”冬ほたる”へ散策に出かける


予定より15分早い16時45分に早くも点灯!


アーチ型のアーケイドが幻想の世界へと誘う

 
アーケイドを抜けると
琴滝までの200mの遊歩道の木々を彩るイルミネーションの連続


まるでここはおとぎ話の世界

 
滝つぼから流れ出るせせらぎまでイルミネーションが施され


全高43mの一枚岩を流れ落ちる滝には
琴の弦をイメージした「冬ほたる」の象徴とも言える巨大なイルミネーションオブジェ


水面に映る琴の弦


ここで完全に日が落ち
琴滝の全貌が映し出された


水面を飛び交う蛍のように
言葉にはできない繊細な情景が醸し出されている


再度アーケイドを潜り、現実の世界へと


完全に日が落ちた出発点のイルミネーションはより鮮やかに


一年の終わりを感じさせてくれる”冬ほたる”でした




posted by tsugu_chan at 13:12| Comment(2) | TrackBack(1) | ├ 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
デート楽しそ〜(*^0^*)
京都丹波の”冬ほたる”って初めて知ったわ。
イルミネーションめっちゃキレイ☆
Posted by 朱雀ゆう at 2010年12月13日 20:29
去年から始まったらしい
今年は初日に読売テレビが取材に来てて
早速出かけてきました

二人とも二日酔いを推しての強行
19時過ぎには家について
家の近所で鍋を囲んで一杯やってました
懲りない二人です
Posted by つぐちゃん at 2010年12月14日 13:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

幻想琴滝、LED65万個の輝き 京丹波で「冬ほたる」
Excerpt: 京都府京丹波町市森の名勝・琴滝を65万個のLEDで彩るイルミネーション「冬ほたる」が12月9日、開幕する。6日夜には試験点灯が行われ、一帯が幻想的な雰囲気に包まれた。24日までの午後5時〜10時。
Weblog: ローカルニュースの旅
Tracked: 2011-12-12 23:21
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。