2010年12月18日

寿司割烹 もり 〜野田阪神



小粋な江戸前を野田阪神の路地裏に見つけました@もり



大阪市福島区大開1-13-13
06-6464-9559

野田阪神の商店街を西へ200mぐらい進み、右の路地へ入ったところ



暗闇に光る看板を見つけました



お値段も手ごろだ

飲み物代別で3、4千円でお願いした



やはりビールで乾杯!


先ずは”子持ち昆布”が出てきた
この食感が堪らなく好き!


”剣先いか”
と言えば生姜醤油が一番似合う


”蛸”は塩と山葵でいただいた
素材そのものの味が鋭敏に伝わってくる



 
”鯖の海苔巻き”半分は梅肉和え
初めての味、おそらく赤酢で〆てあるのでは、、?

 

ここで熱燗に切り替える


”玉子”
やはり江戸前だ!甘くない


”真鯛”
山葵が真鯛の甘みを際立たせてくれる

ここでようやくにぎりが登場!
先ずは


”貝柱”
いい仕事をされています

シャリは赤酢を使用、大阪では珍しい
砂糖を使っていないので変なクセがなく
素材の味で食べる寿司、まさにこれが江戸前!


大好きな”コハダ”
次のにぎりのための渋い脇役って感じで
一気に口の中が引き締まる


そして”穴子”
蒸し穴子は江戸前の定番
舌の上で溶けてなくなっていく
先ほどとは逆に、お口の中が優しさに包まれる瞬間!

ここで”茶碗蒸し”が登場



口直しに”茶碗蒸し”とは、なんという心憎い演出だろう

最後に


”鮪の赤身”
やはり赤酢のシャリとの愛称が抜群


”平目”
シャリが甘くないので、平目そのものの味が良くわかる

良いお店を見つけたもんだ

店内


これで幾らだと思います?

二人で飲み物(ビール中瓶二本と熱燗三合)入れて8500円也とは恐れ入りました

野田阪神にこんなお店があるとは、、

大将いわく
あのスーパー食ブログ「生まれる前から不眠症」 の管理人である
通称「イケルさん」が先月お店にやってきたらしい

一体どんなルートなの?



posted by tsugu_chan at 14:25| Comment(2) | TrackBack(0) | ├ グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
鯖の海苔巻き…初めて見た。

「生まれる前から不眠症」?ほ〜、そんなブログがあるんですか。
あとで見てみよっ。
Posted by 朱雀ゆう at 2010年12月18日 23:16
赤酢のシャリ駒江戸前寿司は最高でした
まあ東京湾で取れた魚じゃないので
江戸前という表現はおかしいのですが
砂糖を使わない東京のお寿司ということで、、
寿司はやっぱ東京ですね!
Posted by つぐちゃん at 2010年12月19日 12:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。