2010年12月24日

麺みやざわ 〜北新地堂島中通り



心洗われる優雅なヒトトキを醸し出すこのスープ@麺みやざわ


 


大阪市北区堂島1-4-8 広ビル B1F
06-6454-0778

祝祭日にも係わらず、昨日も呑んでいたので
軽めの昼食をと、、
北新地のはずれ、堂島中通りの”麺みやざわ”へ

新地ではとても人気の高級広東料理店の姉妹店



メニューはメインのラーメン”塩”と”醤油”
そして今流行の”つけ麺”と中華麺の王道”坦々麺”があった

坦々麺にも惹かれたし

限定十食の”避風塘(フェイフォントン) みやざわの上湯チャーシューラーメン”は
次回一人の時に食することにし

今回は控えめに”塩ラーメン”をいただいた



一口スープを啜ると
ここのラーメンを知らずしてラーメンを語るな!
と言われているような感覚に陥る

あっさりしているがどこまでも深みのあるスープ

この澄んだスープ、どれだけの手間隙をかけて作ったんだろうと思わせる一品



どこまでも優雅な、心洗われる味です

煮干し系濃厚スープとは対極にある味で
こってり濃厚系にちょっぴり飽きていた頃だけに、ほんと美味かった



定食に付いていた”酢豚”
作り置きだが、冷めても美味い”酢豚”なんて、、
これも暖かかったらどれだけ美味いんだろうと思わされる一品



これは同僚の”醤油ラーメン”
これも見るからに美味そうな一品だ

店内




店内は一切金をかけていませんと主張しているかのように見えました

本家高級広東料理”みやざわ”のDNAをラーメンという一般料理の中にみた気がします
すばらしいの一言に尽きます

これでは本家”みやざわ”に行かない訳にはいきません


posted by tsugu_chan at 12:57| Comment(2) | TrackBack(0) | └ ランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
澄んだスープが美味しそう( ̄q ̄)
私はこういうラーメンの方が好きかも…。
冷めてもおいしい酢豚…そそられますね。
是非、高級広東料理”みやざわ”へ行って下さい。
感想を聞きたいわ〜。
Posted by 朱雀ゆう at 2010年12月27日 12:13
ラーメンと言うより中華そば
そのラーメンも
本場中国のラーメンはもっと味濃いけどね

中華そばもラーメンも
もう日本食
でも、この中華そばは高級そのものなのだ
Posted by つぐちゃん at 2010年12月27日 20:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。