2011年01月17日

北新地 懐食 こおげ 〜北新地本通り



北新地本通りで”和”を追求したランチに出会う@こおげ


 


大阪市北区曽根崎新地1-1-39 延藤ビル3F
06-6343-1075

二回目のランチですが、レポートは初めて、、



料理長は道場六三郎の弟子らしい、、
ランチメニューは半月に一回変更になる”五味五法膳”のみ

「甘」「塩」「苦味」「酸」「辛」の五味と
「切る」「焼く」「炊く」「揚げる」「蒸す」の五法
を指すらしい
一言で言えば、懐石料理をランチでいただく感じ

飽きが来るほど銀座の接待でいただいた会席料理と遜色はない

 

テーブルも瓢箪型でした
この湯呑みも名のある作?きっと値が張るに違いない



”五味五法膳”



メインの”千両茄子とすずきの天つゆ餡かけ”
プロの腕前を感じる一品です



造り”鯛、鮪、アオリ烏賊”



焚合せ”野菜の南蛮漬”



小鉢”パプリカ・牛蒡・人参・大根の金ぴら”







味噌汁、香の物、自家製わらび餅が付いて1000円
若い人には物足りないかもしれないが
身体にとってもいいランチです



posted by tsugu_chan at 12:56| Comment(2) | TrackBack(0) | └ ランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
“千両茄子とすずきの天つゆ餡かけ”は、
大根・カボチャ・エビ?がコロンコロン(◎0◎)
パプリカ・牛蒡・人参・大根のキンピラ、家でもやってみようかな?
上品過ぎるね。
うん、若者には物足りないだろうね(^-^)
Posted by 朱雀ゆう at 2011年01月17日 21:00
この料理も女性向きですね
懐石料理は京都が本場だし
ミシュラン★★★もあるしね
どんな味なんだろう
俺にはきっとわかんないんだろうな
Posted by つぐちゃん at 2011年01月18日 08:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。