2011年02月01日

とり平 総本店 〜新梅田食道街



最初に出てくる四串、これが付き出しなんです@とり平


あかん、眠いわ!

呑んで帰ってのブログはちょっとキツイかも?


四軒はしごの二軒目!

ここはオススメの一軒です




大阪市北区角田町9-26 新梅田食道街 1F
06-6312-6024

メニューです



先ずは、焼酎で乾杯です



いきなり”口直し”が、、(なんでやねん)



先ずは、突き出しの串四本が、、

頼みもしないのに出てきました



”鴨肉の身と皮”の串が二本ずつ

兎に角、美味しいです!


ここからようやく焼き鳥の注文です



”若鳥首皮”



”ネオポンポン” 

ここだけの呼び名で、ボンジリのことです

一般的には三角と呼ばれ

脂が非常にジューシーで美味いです


因みに、メニューの”ネオドンドン”は心臓(ハツ)のことです



”焼き鳥(ピーマン)”

創業60年以上とか?

詳しくは知りませんが、、味は絶品です

でも注意が必要です

普通に食べると一人当たり5000円はします

このエリアでは高くつくお店なので

今日のように二軒目に行くべきです

まあ美味しいから、ついつい食べ過ぎてしまうのですが、、


ここ”新梅田食道街”も根が深いです

開拓せねばなりません

私は焼酎をお代わり

同僚は相変わらず大瓶一本で我慢してます(珍しい)

だから、ここは一人当たり1600円で済みました

因みに、前回は5000円でした

これが結構空いてる理由かもしれません



posted by tsugu_chan at 23:17| Comment(2) | TrackBack(0) | ├ 呑み会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「鴨肉の身と皮の串四本」がつき出しってどんな店なんや?
ネオポンポン、ネオドンドン…何で「ネオ」がつくんやろ?
新鮮っていう意味なんかな?
Posted by 朱雀ゆう at 2011年02月02日 23:58
語源はまた確認しておきます
大阪庶民の焼き鳥屋って感じでしょうか
女性一人じゃ入りにくいお店ですが
機会があればオススメの一店です
Posted by つぐちゃん at 2011年02月03日 07:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。