2011年02月15日

鮨処 さか卯 〜北新地



かが万系列のトリを飾るランチは”さか卯”の寿司ランチ


今日はひょんなことから急遽カミさんとランチ

用事があって出てきた様子

前もって言っておけとはこのこと、、

 
大阪市北区堂島1-2-33 坂ビル 5F
06-6341-2381

一人のランチにしてはちょっと敷居が高いけど

カミさんとなら平気だ(呑みに行くより断然安い!)

と言うことで、”さか卯”の寿司ランチに潜入


高級割烹”かが万”の左手にある格子戸を開け、石畳を進む

 

エレベータで5Fへ上がる

さすが贅沢な造りだ!



ここで靴を脱いで、廊下を渡り店内へ、、

もう期待は膨らむばかりです



一番乗りです

確かに、一人ではちょっと敷居が高いかも、、?



名前入りの”おしぼり”です

”かが万”の専売特許ですね



塩で食べるんでしょうか?



付きだしは”しらすとワカメの和え物”です

実は我慢できなくて”ランチビール”を頼んじゃいました



”ガリ”も上等です

減るとすぐに追加してくれます


”あがり”もそうです

冷えると交換してくれます

猫舌のカミさんは”持って行かないでー”と訴えていました



先ずは、”平目”

塩でいただきました

寿司を塩で食べたのは初めてです


ここから”マグロ三連発”



”赤身”



”中トロ”



”大トロ”

さすがにカミさんは苦手、私の口へ(ラッキー)



”墨烏賊” 甲烏賊(コウイカ)のことです

寿司ネタには良く使われますね

これは塩とスダチでいただきました



”アオヤギ”

和名は”バカガイ”です



”サヨリ”

先日食ったものとは全く別物です



”車海老”

これも塩でいただきました

車海老を塩でいただいたのも初めてです

海老の尻尾もすぐに片付けてくれました



”つぶ貝”

これも塩とスダチでいただきました



”鯛の昆布〆”

”昆布〆”と言えば、普通は”平目”なんですが、、

これも初めてです



”穴子”

ツメを塗っているため、別の皿で出てきました

このあたりが高級寿司店、ミシュラン☆たるが所以です


小食のカミさんは既にギプアップのようです

半分、私の胃袋へ、、消えていきました



白味噌仕立てのお味噌汁です

上品な甘さです


最後に巻き物です



”トロタク”

トロとタクワン、初めてですが美味しいです

これもカミさんは一かじりで私の口へ、、



”きゅうり巻き”

上品な”カッパ巻き”です

これも同様に私の口へ、、



”玉子”

お菓子のような食感、まるでデザートです



本当のデザート”黒豆”です

大体40分ぐらいの贅沢なランチタイムでした

さすがミシュラン☆です

私如きが味のコメントなんて失礼にあたるお店です

これで一人あたり3650円(税込み)とは、、

なんて安いんでしょう!

夜なら、最低一人あたり二万円ってとこでしょうか

あーあー、なんてゲスな、、

これだけの手間隙とサービスをしてもらって

お金の話なんて、、

いつまで経っても庶民感覚が抜けません


わざわざ銀座へ行かなくても

大阪でミシュラン☆の江戸前寿司を食せる時代になったんですね

シャリ自体にうま味を感じる寿司でした

それもすっきりしたうま味です



posted by tsugu_chan at 18:04| Comment(2) | TrackBack(0) | └ ランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ため息が出るくらい美味しそう(*^q^*)
ホンマにガリ上品な感じやね。
塩で食べるんや〜。
食材の良さを引き立たせるにはやっぱり塩なんですかね?

あ〜、なんてリッチなランチo(^∀^)o イイナ〜
Posted by 朱雀ゆう at 2011年02月15日 20:28
たまにはねー
さすがに一人では、、入れそうにありません
って言うか?
基本酒呑みだから
どうしてもランチなんかケチってしまう
このあたりが自分の嫌なところです
でも誰かと一緒なら
会話もできるし
美味けりゃ、思い出にもなるし
ブログに嵌ってみるのも、案外ここち良いものです
Posted by つぐちゃん at 2011年02月16日 14:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。