2011年04月12日

豪快お肉酒場 がはは 〜北新地永楽町通り



醤油ラーメンをこよなく愛すオーナーが作り上げた傑作!夜は角ハイボール酒場らしい


今日は少し花粉症が楽です

新規開拓に北新地へ向います

いつものように二号線からスエヒロを曲がります

まさに永楽町通りを渡ろうとしたところで

同僚M君が何か思いついたようです

醤油系のラーメンのお店があるとか、、?

永楽町通りを東へちょっと進むと


大阪市北区曽根崎新地1-9-12 大雅ビル 1F
06-6342-9888

永楽町通りならではの構えをしたお店がありました

扉は開いたままです

では早速潜入してみましょう

 

夜は典型的な居酒屋のようです

沖縄チックな感じもしますが、お肉がメインのような張り紙が外にありました



メニューは”中華そば”二種類と”からあげ定食”のようです

私は 醤油そば と こだわりたまごかけごはん を

同僚は 醤油本気そば を各々注文!

何が本気なのでしょう?



10分弱でしょうか?先ずは私の 醤油そば が、、

スープが濃いですねー 高井田系?

さっそくスープを一口いただきますが、思った以上に塩辛くはないです 

というより、いい出汁が出ています



次に麺をかき出します

スープ色に同化した麺が顔を覗かせます

思った以上に弾力のある麺、これも新食感です

これは楽しくなってきました


続いて、同僚の 醤油本気そば が、、



ベースは一緒ですが

チャーシュー三枚に、中央に大きな厚揚げが、、



本気とは、この 厚揚げ のことでしょうか?

感想は美味しいとのことですが

厚揚げが邪魔で麺に辿りつけないそうです




遅れて、私の たまごかけごはん が、、

出汁醤油をかけて、軽く混ぜます



よく混ぜるのは好きじゃないので

いつもこのぐらいの混ぜ方でいただきます

これはこれでまあまあです


やはり、インパクトがあるのは 醤油そば の方です

トッピングのメンマやチャーシューもレベルは高いです

これだけのラーメンを700円で、それも北新地のこの立地で提供するとは大したもんです

東京のラーメン屋さんに少しは見習ってもらいたいですね!

帰り際に、「如何でしたか?」との厨房の方の問い掛けに

素直に、「美味しかったですよ」と応えました


ちょっとお話をお伺いすると

このお店のオーナーが醤油ラーメン好きで

またこの辺りには豚骨系のラーメン屋ばかりなので

とことん拘って、作った一品だそうです

化学調味料を使うと舌が痺れますが、食べ終わった後もそんなことはなかったです

ただ同僚曰く、油揚げが邪魔!

「確かに美味いんだけど、もうちょっと何とかならんかなー?」と、、

一点だけ指摘させてもらうと、麺がほぐれ難いことですね!

そのせいで、とにかくスープが服に飛び、Yシャツが汚れます

無頓着な同僚M君は食後大変なことになっていました

紙エプロンを出すとか?ちょっとした心遣いがあれば、尚更良いのですが、、



posted by tsugu_chan at 12:56| Comment(2) | TrackBack(0) | └ ランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ラーメンに厚揚げ???
それもドーーンと乗っかってる。珍しいですね。
揚げにはうどんのイメージがあるからなぁ。不思議な感じ。
Posted by 朱雀ゆう at 2011年04月13日 23:03
厚揚げを炙って、ネギと生姜に醤油を掛ければ

立派な酒の肴!

それをラーメンと一緒に味わう訳だけど

一緒にせーへんでも、別々でええと思うんやけど、、
Posted by つぐちゃん at 2011年04月14日 14:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。