2011年04月15日

唐菜坊 大元 〜西天満老松通り



屋台飯”海南鶏飯”をここまで洗練された味付けで提供してくれるとは、、流石です


今にも雨が落ちてきそうな天気です

今日は一人です

どうしようか?既存で迷った挙句食っていない一品のあるお店はどこだっけ?

そうだ、老松通りの 大元 の 海南チキンライス だ

それにしようと、ちょっと遠いが傘も持たずに出てきてしまった

ヤバイなー 何とか持ちこたえてくれと祈りつつ、、

梅新交差点の陸橋を渡り、御堂筋を老松通りへ左折



なんか風情がある通りで好きです

弁護士事務所が多いところで、古美術のお店もちらほら、、

300mほど東進すると右手にあります


大阪市北区西天満4丁目5-4
06-6361-8882



綺麗なお店です

初老の先客が二名、入ってすぐの右のテーブルにいます

名物の もやしそば を注文しています



男性二名で切り盛りされています

オープンキッチンで調理を拝見することができ、接客態度のいいお店です



今日は誰が何と言おうと心に決めています(誰も何にも言ってくれませんが、、)

海南チキンライス を注文します

続いて、お知り合いの中国の方がみえられ、 焼味飯(シュウメイファン) を注文

その後のOL二名も、やはり もやしそば を注文していました

先客が注文した もやしそば が出来上がるのを盗み見する

確かに美味そうですが、量が少な過ぎます これじゃ夜までもちません

そうこうしていると



海南チキンライス がやってきました



ワンプレートに、鶏スープで炊き上げられた インディカ米 と 蒸し鶏 が並んで鎮座しています

蒸し鶏 は一羽の半身を使っていますが、それほど大きな鶏ではなさそうです



この 鶏スープ も一切妥協なしって感じです



苦手なパクチーが入っていない サラダ でした(ヨカッタ!)



蒸し鶏 にも味は付いていますが、甘めのタレと生姜のタレがが別の小皿で付いてきます

生姜の方が 蒸し鶏 の味を更に引き立ててくれます

甘めのタレはいかにも香港テイストって感じです



前回同僚Y君が食べてるの見て、骨が邪魔やろ!って思ってましたが

中華庖丁の見事な裁きで、骨を綺麗に取り除いてくれています

だから蒸し鶏がほんと柔らかくて美味しいです

鶏ガラで取った濃厚なスープで炊き上げたインディカ米との相性も抜群で

完成された 海南鶏飯 だと思います

前回の 焼味飯(シュウメイファン) より、こちらの方が私の好みです



1st「老松通りのナイスな香港ティスト!異国情緒に溢れる味です」(20110223)



posted by tsugu_chan at 12:46| Comment(2) | TrackBack(0) | └ ランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
キレイなオシャレなお店ですね。
海南チキンライスも上品な感じですね。
ワインのコルクがいっぱいあるけど
夜はワインの合う料理が出るんでしょうか?気になるわ〜。
Posted by 朱雀ゆう at 2011年04月15日 20:52
ほんと夜に行ってみたい中華のお店です

近いうちにチャレンジしてみます

でもワインのブームは去ってしまったですよねー

一時は明けても暮れてもワインを飲んでいたのに、、
Posted by つぐちゃん at 2011年04月16日 17:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。