2011年05月31日

京都 五行 〜柳馬場通蛸薬師下ル十文字町



鰹出汁を使った豚骨ダブルスープの ”つけ麺” が京風に進化しました


一日遅れのアップです


どうしてもPicasaに写真をアップできなくて、昨晩は断念しました

今朝は5時起きで下の娘と初めての7Kmのジョギング、、

折り返し地点から、まったく運動をしていない娘の背中を見て走ってました

恐るべし体力です

さすが十代、若さと言うべきか?発達した運動神経の持ち主と言うべきか?

三年ジョギングをやってきた意味がありません(恐れ入った次第です)


そんなこんなで、六時に戻ってきて小一時間

ようやく写真がアップできました

Picasaの写真管理ソフトをインストールし、そちらからアップしたらできました

なんか、よーわからん



昨日は終日京都

11時半、一軒目が終了

ここは四条烏丸

このあたりで 食べログ をチェックです

もちろん ラーメン です

あるじゃないですか?近くに、、

四条通を東へ、スタバを北へ左折、錦市場を越えたところにありました

もつ鍋 で有名なお店のようです

造りはさすがに京都って感じの佇まいですが、モダンな感じも取り入れてるようです

きっと内装もそうなんでしょう(楽しみです)


ここで大学の四年間を過ごした思い出は今も鮮明に記憶にあります

そんなこんなで早速潜入です


京都市中京区柳馬場通蛸薬師下ル十文字町452
075-254-5567

京の町屋風の内装です

一番乗りのようです

奥の部屋に案内してくれました



和と洋が渾然一体となり、見事に調和が取れている内装です

BGMはジャズです

こんな雰囲気の中でのラーメンもいいですねー



焦がし醤油 が売りのお店のようです

うっかり八兵衛 は 焦がし醤油 を Cセット でいってます

つけ麺大王 の私はもちろん つけ麺 でしょう

サービスに とろろご飯(小) が付いてるようです

折角です いただいておきましょう



ここにも 京らしさ を感じます

これはエプロンです



なんか食べるのが惜しい気さえします



見とれている場合じゃありません

早速いただきましょう

美味いですね!健康にいいって感じがします


ようやく主役の登場です



出汁の匂いがプンプンします(中華そば風か?と、、)



盛り付けにも気を遣ってあることが一目でお分かりになるかと、、

このメンマも上等です



うん?これは、、 天カス (あげだま)ですね

鰹出汁が うーん と効いた豚骨ベースのダブルスープ

天カスが見事なアクセントになっていて(背脂よりもいいかも、、)

さらにタマネギの甘みがマイルドなつけ汁を演出しています

サイコロ大に細かく切った上品なチャーシューがつけ汁に隠れてます

初めて食するつけ汁です

たしかに美味いですね!




麺は蕎麦を連想させるような 喉越し 感覚です

どこまでも  を追求している一杯です



いやっ、お見逸れしました!って感じです

さすが京都って感じの つけ麺 をいただきました

ほんとうにご馳走様でした




こちらは うっかり八兵衛 の 焦がし醤油 です



どうもマー油のようですね!

一見真っ黒で濃そうな味ですが、全くそんなことはない繊細な味だそうです

第一旭 や 新福菜館 のそれとは違うことだけは伝えて欲しいそうです

食べてないのでこれ以上の表現はできませんが、、

マー油がラーメンの保温の役目をしており、最後まで熱々をいただけるそうです

セットの 鶏の唐揚げ も最高のできのようです

今度はこの 焦がし醤油 をいってみたいと思います



posted by tsugu_chan at 08:00| Comment(2) | TrackBack(0) | └ ランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
京都行ってもラーメンかいな。
お上品な雰囲気ですね(^艸^)
マー油…ってどんなんやろ?初耳。
保温効果があるんや、ほぉ〜。
今回は美味しいランチでよかったね(^−^)
Posted by 朱雀ゆう at 2011年05月31日 20:01
そりゃ、ラーメン大使の宿命や!
ほんと京都はお上品やね
マー油って、熊本ラーメンに入ってるんやけど
よー知らんわ!

松山どうよ?
慣れた?
住めば都!
Posted by つぐちゃん at 2011年05月31日 20:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。