2011年07月26日

星華 〜北新地



イタリアンの翌日は中華です 北新地の”星華”でランチをいただきました


今日もなんかすっきりしない夏の天気です

明け方なんか寒かったぐらいです

変な  ですね

こんな  は初めてです

来週は海水浴とキャンプに行くので、そのときには本当の  になって欲しいものです

そんな感じで気がつくとランチタイムです

今日は中華の口です

中華といえば 星華

今日は ねずっち と一緒です

新地に入る頃には汗ばんでいました

なんかムシムシしますねー




看板が出てます! 今日のメニューはなんでしょうか?



メインは 麻婆豆腐 のようです

前回もそうだったような、、?


大阪市北区堂島1-3-39 第2二葉ビルB1
06-6346-5558

ここの 麻婆豆腐 なら致し方ありません

入るしかありません



食べログでも3,98を叩き出しいるお店です




いつもながら1000円にしては豪華です



メインの 麻婆豆腐 です

唐辛子の辛さである「辣味」(ラーウェイ)と花椒の痺れるような辛さである「麻味」(マーウェイ)のバランスだと思います

店によってはどちらかに偏っている場合が多いです

陳健一 のお店は「辣味」よりだったし、横浜の 陳健民の弟子 のお店は「麻味」に偏っていた記憶があります

好き嫌いはあるでしょうが、すべてはバランスです

このお店のバランスは見事で、まさに日本人向けだと思います





メイン二品目は 豚スペアリブの唐揚げ クレイジーペッパー でした

スペアリブは美味いのですが、一点非常に残念なお知らせが、、

超ー苦手な 香菜 (パクチー)が入っていました

カメムシ の臭いがします

まことに 残念 !

移転してから、この二品目が充実しているように思うのは私だけでしょうか、、?




春雨入り五目スープ

ここのスープはいつもながらハイレベルです

まあ私の舌ではこれに フカヒレ が入っていれも分かりませんが、、




エビ入りサラダ

サラダ嫌いの私でも、こんな風に エビ が入っていると大好きになれるんです




最後に 杏仁豆腐 をいただきましたが、、

これも濃厚で絶品でした

本場中国料理でいただくのよりは間違いなく 美味い と思います

イタリア人が「日本のイタリアンが一番美味い!」と言ってるように

 を取り入れた方が 繊細 な味になるように

中国料理 も同じなんですよね!

ワイキキの本場中国料理 北京 で言われたように

酢豚 と 青椒肉絲 (チンジャオロースー) は日本のそれとは違うのです


イタリアン そして 中華 とくれば、次はやはり フレンチ でしょうか




5th「パワーアップした”星華”でお得な中華ランチをいただきました」(20110628)

4th「北新地で中華と言えば”星華”さらにパワーアップして帰ってきました」(20110615)

3rd「和風にアレンジされた創作系 洗練された中国料理を味わいました」(20110204)

2nd「ランチは日替わり一種類!でもハズレがないのが”星華”」(20101111)

1st「限りなく和風な中華料理と言えば、ここ”星華”」(20101005)



posted by tsugu_chan at 12:56| Comment(2) | TrackBack(0) | └ ランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
カメムシのにおいってパクチーの香りなん?
やっぱりバランスが重要なんですね(^0^)
日本人の舌は繊細なんか?食いしん坊なんか?

山根大助さんのポンテベッキオ行くんや〜。
本店?本店は、昔、結婚記念日に行ったわ。雰囲気良かったよ。
あっ、でも、移転したんやね。移転してからは行ってないなあ。
Posted by 朱雀ゆう at 2011年07月26日 20:02
パクチーはカメムシ
納豆は一日履いた俺の靴下のニオイなのだ
だから絶対無理!
ワニの腕立て、亀の腹筋みたいなもんやー

ポンテベッキオは前の会社の近く、天満橋のふもとにあったのご存知?
こじんまりしたイタリアンがみるみるうちに有名になって
北浜の証券取引所ビルに移転したんです
今では西梅田の安田生命ビルとか、大阪駅のLUKUAとかに支店を出してます
でも、ここはコースで頼むと量が多すぎて困ります
Posted by つぐちゃん at 2011年07月27日 10:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。