2011年08月03日

本家 第一旭 たかばし本店 〜JR京都



京都ラーメンの源流ともいえるお店で中華そばをいただいてきました


今日はいいお天気です

だんだん  らしい天気になってきました

嬉しい限りです

今週末が楽しみになってきました

きっと子供より私の方が楽しみにしているんでしょう

今日は朝一から京都で仕事です

場所は十条なんですが、地下鉄でも烏丸から乗ると満員だったのが

京都駅で一気に人が減りました

無事仕事も終え、十条にある ラーメン の人気店へ向います

国道一号線沿いにあるラーメン店です



残念なことにお休みでした

8/3から三日間臨時休業の張り紙がありました

またの機会に、、


であれば、京都ラーメンの源流 第一旭 しかありません

夏休みなので、きっと修学旅行生もいないと思い

地下鉄で京都駅へ

駅から五分の たかばし へ向います


京都市下京区東塩小路向畑町845
075-351-6321

五人ほど並んでいましたが、すぐに入れました



店内はこんな感じです

隣の 新福菜館 よりは小綺麗です



厨房はこんな感じです

みなさん 強面 揃いですが、愛想がよく

そのギャップが堪りません

私は 特製ラーメン を、 八兵衛 は ラーメン を注文

八兵衛 は二度目のようです

何が 特製 って?ただの大盛りでした

止めときゃ良かった!



特製ラーメン の登場です

ズームイン!



見た目は隣(新福菜館)よりは薄めのスープですね



先ずはスープからいただきます

私「これ 塩気 キツすぎるわ!」

隣(新福菜館)の方が見た目は濃いが塩気は控えめ、真逆の 中華そば ですね

この後夕方になっても、口の中は塩辛かったです



麺はストレート麺でもっちりとした食感ですが

スープの 塩気 が際立ちすぎで、麺の味がイマイチ分かりません



チャーシュー は今の流行ではない 中華そば に入ってる 蒸し豚 です

実はこの チャーシュー が大の好物なんです

正直脂身がなく パサパサ していますが、昔の チャーシュー はみんなこれでした

所詮脇役なんです

主役を喰ってはダメなんです

でもこれは人それぞれですよね!(古い人間の意見かもしれません)

ビールのつまみに 焼豚 と書いてありましたが

ラーメンの欄には  なし(野菜入り)とあるように

チャーシュー とは強調していないところが面白いですね



最後に、さすがにこのスープは飲めませんでした


総括ですが、懐かしい 中華そば をいただいたという思いです

でも 中華そば は今や 金久右衛門 を代表するように進化し、ただの ジャンクフード にあらずです

夕方になっても舌先が痺れているような 化学調味料 のスープでは所詮 ジャンクフード の域を出ていません

もはや 老舗 というだけでは生き残れない時代です

確かに京都は古いものを大事にする傍ら、新しいものを貪欲に取り込む気質がある歴史ある町ですから

街並みと一緒で、これからも進化し続けると思います

次回はマイブームの イタリアン を京都で物色したいと思います



posted by tsugu_chan at 18:00| Comment(2) | TrackBack(0) | └ ランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
このスープは飲めそうにないね。
夕方になっても舌先が痺れているような化学調味料のスープって
イヤやなぁ( ̄∀ ̄)

今の京都で美味しいイタリアンってどこかなぁ???
昔、白トリュフを出してくれるっていうので、御所の近くの
『カーサビアンカ』っていうお店に行ったことあるよ。
左京区の『アンティコ』っていうお店もよく行ったなぁ。
ブルーチーズのピザが美味しかったよ。
今も美味しいのかな?
Posted by 朱雀ゆう at 2011年08月03日 21:31
ありがと
今度調べて行ってみます

でもゴルゴンゾーラは絶対あり得ない喰いモンです
内のカミさんに騙されたと思って食べてごらんと言われて
思いっきり騙された!
もう死んでも喰わない
Posted by つぐちゃん at 2011年08月04日 15:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。