2011年08月04日

阿屋古家(あやこや) 〜北新地本通り



本通りの”阿屋古家”で日替わり限定三十食をいただいてきました


朝晩は涼しいですが、漸く  らしい天気になってきました

表はかなり暑いですね!

でも今年の夏は過ごし易いです

昨日の京都も日陰では風があって涼しくて 夏の京都 ではなかったです

いったいどうしたんでしょう

節電の日本の為に 神風 が吹いているようにさえ感じます

そんな感じでもうランチタイムです

では北新地のランチを物色しに行くとしますか

今日のテーマは  です

阿屋古家 の限定三十食か、 三昧人 の御膳に的を絞りました

本通りを東へ進むと 阿屋古家 のビルの前でお店の人が案内してくれたのでここに決定です

階段を降りると

 
大阪市北区曽根崎新地1-1-36
06-6347-1366

まるで京都を思い出させるかのごとく 打ち水 がされていました

この季節感が非常にいいですね!

食べログTOP5000に入るお店だけのことはあります

ハード面も充実しています




先客はカウンターに一名のみ



日替わり御膳のみなので、注文の必要はありません

ここの日替わり御膳は結構ボリュームがあります



いつものように 脇役 からの登場です



〆鰤

鰤の刺身と思いきや、軽くお酢で〆てありました

刺身のツマも 大葉 の千切りが加えてあって、単なる飾りではなかったです



パプリカの胡麻炒め

パプリカが甘く、とてもあっさりしていて美味しかったです



切り干し大根の煮物

ハムが入っていて、ちょっと洋風な切り干し大根の煮物でしたが、これも結構美味しかったです




これは主役の 和風八宝菜 です

ズームイン!



海老にも下ごしらえがされてあり、素材の一品、一品に至るまで良く吟味された 八宝菜 でした

ご飯のオカズにとてもよく合います 

このお店の良いところは、ランチ用に濃い目の味付けをしているところです




最後に 葡萄のゼリー をいただきました

一度目より二度目、二度目よりも三度目と

美味しさが倍増していく感じです

三十食限定とはいえ、これで1000円なんですから・・・

十分夜への 呼び水 の役目を果たしている 極上 のランチだと思います





2nd「どうも常連客が多いようです!割烹の割りに濃いめの味付けです」(20110401)

1st「いつまでも悲しんでばかりいられません!今日からブログ再開します」(20110317)



posted by tsugu_chan at 12:46| Comment(2) | TrackBack(0) | └ ランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今年の夏は過ごし易い?このくそ暑いのに??
和風八宝菜?鶏ガラスープじゃなくて出汁ってことかしら?
これだけ出たら大満足の1000円ランチですね(^▽^)
Posted by 朱雀ゆう at 2011年08月08日 19:34
こんなん暑くないよ
まだエアコンなんて使ってないよ

鶏ガラ、昆布、鰹で出汁を取ってると思う
まるで愛媛県のソールフード、八幡浜チャンポンを思い出したよ
Posted by つぐちゃん at 2011年08月08日 22:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。