2011年08月08日

海水浴&キャンプ2011



今年は海水浴にちょっとアレンジを加えてみました


待ちに待った海水浴&キャンプです

4時過ぎには起床!遠足に行く前の子供のようです

5時過ぎには出発します

中国自動車道の宝塚の渋滞を避けるためです

順調すぎるほど渋滞もなく、快適なドライブですが、如何せんお天気が、、

曇天の上、小雨が降っています

マジかーって感じで8時過ぎには鳥取です

3時間で到着できる時代になったんですね!

こちらはお天気も大丈夫なようです

とりあえず鳥取砂丘へ

私と次男は鳥取砂丘へ、カミさんは土産物の調達です



さすがに向こうの丘までは行くにはなりません

とりあえずカメラに収め、カミさんのいる土産物屋へ

午前八時半なのに開いている上、他の客もちらほら、、

今回のスケジュールでは、ここでしか土産物を調達する機会がないとはいえ

カミさんは一万七千円も土産物を買っていました

さすがに土産物屋のオジサンもサービスのふりかけのようなものを幾つかくれていました

われ感知せず です

そして一路、いつもの 浦富海岸 の民宿 さんげんや へ

民宿の駐車場に停めさせて貰い、我々一行は民宿の前の海水浴場へ

時間は9時半です



良いお天気になりました

私はたっぷり二時間ほどシュノーケリングを楽しみます



この島の向こう側は水深4メートルぐらい

水も綺麗で海底までシュノーケリングでも確認できます

魚も結構いるので、この島を何周もしてしまいました

お昼前に水から上がり、ビールと昼食を、、 その後テントの中で爆睡!

カミさんが誰かと話しているので、目を覚ますと私も知っているカミさんの知り合いが、、

その知り合いも毎年ここを訪れているとのこと

こんな偶然もあるんですね!

次男は夜の花火までご一緒させていただいてました

私は、、?というと

全身日焼けで身動きとれず、民宿で唸っておりました


16時には海を上がり、民宿でシャワーを浴び、夕食まで休憩です



品数が多すぎてカメラに収まりません



とりあえずカミさんと ビール で乾杯!

順番にご紹介します



先ずは焼き物から

サザエ ひいか 鬼エビ

サザエ は小さすぎます

大きいのが一つでいいのに、、(やはり民宿!)



甘エビ と名物 しろいか (剣先烏賊) そしてその ゲソ の刺身



冷凍ものの ズワイガニ (去年の余り物)

これには箸さえ付けませんでした



酢の物



ガッチョの唐揚げ 一般的には メゴチ 

大阪湾でもいくらでも釣れる外道中の外道

味は白身で美味しいのですが、魚の表面がヌルヌルで一旦手に付くと洗っても簡単に取れません

だからフィッシャーにとっては天敵!



岩牡蠣の刺身 と 鰆の刺身



身が厚く、ぷるんぷるんでミルキーでした



天ぷら の盛り合わせ

甲羅の天ぷらはまるで かにシュウマイ のような味でした

このあたりはほとんど口に付けずの巻きです



鰆の塩焼き



茶碗蒸し



ほとんど味のしない お吸い物



これはカミさんが追加注文した 焼き牡蠣 

ほとんど喰えもしないのに注文するんです

これだけ揃えられても、美味しかったのは 牡蠣 ぐらいですかね!

口が贅沢になったと言うよりも、一品一品見ればその良し悪しは分かるというもの

ほとんどお金が掛かっていないんですよね!

だから見た目ほど美味しくないのです

これまではここに二泊していたのですが

今年から一泊にして、もう一泊をキャンプにしたのはこれが最大の理由なんです




これは朝食です

これも大してお金、掛かっていないでしょ


この日は午前中いっぱいここで泳いで、昼から買出しに近くのショッピングセンターへ

そして30キロ離れたキャンプ地 柤岡・柤大池公園バンガロー村 へ向かいました



途中、カミさんが車中から「美味しそう」だと撮った雲(意味わからん!)

小一時間ほどで到着!



今日宿泊する ログハウス です

五人までの宿泊で一万七千円です



憧れの ログハウス です



一階はリビングとキッチン (次男はバタンキューです)



二階はベットルームです (ここで寝ればいいのに、、)

トイレも水洗だし、浴室も完備です



そして夕飯は当然テラスで BBQ です



昨晩は  、今晩は  です



でもカミさんは相変わらず 冷奴 です



iPhoneアプリの 標高ワカール で調べると、500メートル弱でした

翌朝6時には目が覚めて、もう寝れそうにありません



表に出て、もう一度カメラに収めておきました

ここを出たのは9時過ぎです





帰りの車中からカミさんがまた風景を撮ります

間違いなくアングルの取り方が私より上手です

やはり右脳で生きている奴には敵いません

そんな感じでこの旅行も終了です

帰りは9号線をひたすら福知山まで、そこから高速で帰りました

帰りは9号線にある 道の駅 で四回ほど下車

またカミさんは買い物をしていました

と言っても 野菜 と 海産物 ですが、、

帰りも3時間ほどの道中で、12時半には家に到着です

やはり民宿に二泊するより、メリハリがあっていいです

来年はこの逆パターンにしようかと考えています






posted by tsugu_chan at 20:57| Comment(2) | TrackBack(0) | ├ 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
泳ぐなんて元気ね〜(^o^)
もう泳ぐ体力がないわ。
水着になれる体系でもないけどねww

ほとんど味のしないお吸い物…って塩味もないの?
味見もしてないってこと?何故それをお客さんに出せるんだろう?
Posted by 朱雀ゆう at 2011年08月11日 20:54
内のカミさんは日焼けするの嫌がって
流石に入らんかったけどなー
夢中になれるってことは、子供の頃に戻れるってことで
体力の消耗も忘れてしまう

昔、夏合宿終わってからみんなでプール行ったよな
何年前や
Posted by つぐちゃん at 2011年08月12日 07:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。