2011年08月11日

酒肴人 三昧人 (ざんまいじん) 〜北新地アバンザ東



今日は北新地の身体に優しいランチをいただいてきました


夏男 としては今日も爽快な気分です

世間では 熱中症 で倒れる人が多いですね!

私が子供の頃は、日射病 という言葉はありましたが、 熱中症 なんて聞かなかったです

だから親からは「帽子を被りなさい!」とは言われたもんです

それだけで十分で炎天下で良く遊んだもんです

お年寄りは体力がないので分からないではないですが

いい大人が 熱中症 に掛かるなんて、、

やはり、どこか ひ弱 な体質に変化してきているのではないでしょうか?

確かに昔は 日光浴 を推奨していましたが、今は聞きません

白人は メラニン色素 が少ないので、日光から身を守るのは分かるのですが

我々 黄色人種 は大丈夫だと思うのですが、、

どうも考えが古いようです

そんな感じでもうランチタイムです

燃えるような炎天下の中、北新地へ向います

もう大概行き尽くした感もないではなく

「今日は身体に優しいランチにしよう」と ググる君 の言葉に従います

身体に優しいと言えば 三昧人 です



季節にぎやか玉手箱膳 にします



特にメニューが増えている訳でもなく

ググる君 は 三昧人定食 を、 ねずっち は私と一緒です



季節にぎやか玉手箱膳 の登場です




こちらは 三昧人定食

ググる君「やっぱり見劣りするな!」と

ではレビューの開始です




偶然なのか?刺身は今回も サーモン です

唯一好んで食べない刺身です 残念!

その隣は 牛のタタキ です

野菜の煮物も上品な味付けですね

揚げ物は 魚の天ぷら と 春巻き

焼き物は ししゃも でした

魚のすり身の天ぷら も添えてあり

きゅうりの下に隠れているのは 練うに です

向って右の小鉢は 生麩とトマトの煮凝り 

左の小鉢は失念してしまいました(申し訳ございません)

これだけオカズが多いと覚えておくのも大変です(自称食のブロガーとしては失格です)




小松菜と鱧皮のおひたし

鱧皮 は私の大好物です



白菜の味噌汁

ジャコで出汁を取っており、優しい味付けです



やたら漬け

これも美味しい漬物です




最後に 玄米茶とお菓子 をいただきました

確かに食後の胃の負担が軽い気がしますが、満腹感は十分あります

これで990円なら、超コスパのランチでしょうね

毎日は無理ですが、週イチぐらいはいいかもしれません




2nd「身体に良くて、その上美味しいランチを”三昧人”でいただきました」(20110531)

1st「限定五食という文字に心惹かれ、、」(20101012)



posted by tsugu_chan at 12:52| Comment(2) | TrackBack(0) | └ ランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
季節にぎやか玉手箱膳…ネーミングだけでもええなぁ
味噌汁はボリュームあるな〜。
サーモン…私も好んで食べない刺身ですね。
生麩とトマトの煮凝り…珍しいですね。一度食べてみたいな(^▽^)
Posted by 朱雀ゆう at 2011年08月11日 21:18
煮凝りという表現は間違いかも・・・
生麩とトマトにゼリー状にした冷製スープが掛かってる感じ
失礼しました

サーモンって鮭やなくてニジマスって知ってた?
サケ目サケ科やから鮭の親戚やけど、、
よー見ると、鮭の鮮やかな赤色と違うやろ
ニジマスって、まさにサーモンのあの色やもんなー
Posted by つぐちゃん at 2011年08月12日 09:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。