2011年10月13日

かんちゃん 〜JR天満



天満で唯一女性が居る立呑み屋かもしれません...味は確かです


一日遅れのアップです


今日は恒例の長兄 ラオウ との定例会です

予め今日は新規開拓をしようと告げてあります

ラオウ もそのつもりです

目当ての一軒は新しくできた焼肉屋なんですが、スタートは新規の立呑み屋から・・・

池田町の辺りでと考えています

双龍居 という天満では超有名な中華屋さんがある辺りなのですが...

普段はこの辺りまではあまり来ません

双龍居 の辻を挟んで向こう側に有名な立呑み屋があります

料理が美味しいことで有名ですが、入ったことはありません

ググる君 は一度入ったことがあるそうですが...

いつもの時間に ラオウ と合流です

いつもなら「どこ行く?」という会話から始まるのですが、目的地があるということはいいことですね

一目散に向います


大阪市北区池田町1-31 サニーハイツ天満1F

こじんまりとした箱で、詰めても八人が限界ですね



とりあえず生ビールで乾杯です

瓶ビールはないようです

生中が380円なので、まあリーズナブルと言えるでしょう



壁のメニューから幾つか注文します

いつもは ラオウ に任せるのですが、今日は私が注文します



マカロニサラダ 230円と



ローストビーフ 500円です

いずれも名物だけのことはあり、美味しいです

特にこの ローストビーフ は立呑み屋のレベルではありません



焼黒枝豆 280円

魔法の粉がかかっています

なんの粉か?分かりませんが、これも美味しいです



どて焼き と こんにゃく 各100円

これも名物なんでしょうか・・・

真っ黒な味噌に浸かっており、一見名古屋のおでんのような感じもしますが...

微妙な味付けで、決して美味しい訳ではありません



ヤゲン軟骨塩焼き 380円

この「やげん」という名前の由来は、漢方薬や生薬をすりつぶすための道具、薬研に形状が似ていることからこの名前がついているのですが...

唐揚げにされる膝軟骨(げんこつ)より胸軟骨(やげん)の方が柔らかく、焼きには適しています

これもとても美味しいです

生中 計六杯飲んで、〆て4150円でした

良いお店ですね

無愛想な店主で有名なお店ですが

私「決して無愛想じゃないし、あれが精一杯の愛想やで!ラオウに似てるやん」

ラオウ「・・・」ニタリと笑っていました

そんな感じで、二軒目へハシゴします


二軒目は天満路地裏メイン通りに新しくできた焼肉屋 ホルモン肉五郎 です


大阪市北区天神橋筋5-2-14
06-6358-2939

肉五郎???このネーミング

天満に一号店を構える有名ラーメン店 玉五郎 に関係があるのでしょうか?



19時半でこのガラガラはちょっと気になりますが・・・



ドリンクメニューから 山崎ハイボール 380円をチョイス

二度目の乾杯です



焼肉メニューから ハラミ 580円と ミノサンド 500円と 塩てっちゃん 580円 とスピードメニューから 牛すじポン酢 380円を注文しました



牛すじポン酢 の登場です

肉が焼けるまでのアテとしては最適です



この 自家製だれ が自慢のようです

セルフで小皿に取り分けます




先ずは 塩てっちゃん からです



焼きは ラオウ が担当してくれます



梅だれ でいただきます

オススメだけのことはあり、非常に美味しいです




そして ハラミ と ミノサンド を焼きにかかります



引き続き、焼きは ラオウ にお任せです



なかなかどうして、美味しい ハラミ です



ミノサンド も新鮮でかつ脂がのってて美味しいです

イケルじゃないですか!このお店...




それと焼肉といえば 生ビール ですよね!

生ビール へチェンジします



ラオウ が大好物の 丸腸 480円と博多名物の シロ 480円を追加注文しました

私「丸腸はまだしも、豚(シロ)食べるか?」

ラオウ「いつも頼むやん」

私「牛の後だけに、美味しくないと思うで〜」



ラオウ が一気に焼きにかかります

丸腸 のすごい脂です

さすがにこの脂は苦手です

って言うか、これ食べると決まってお腹壊します

一方、博多名物 シロ ですが、なかなか新鮮で臭いもなく、これもイケました

これで〆て4520円です

いつもお腹を減らしている ラオウ

今日は満足気です

いつも私のペースに合わせてくれているので、きっと物足らないのでしょう

これからは気をつけます

そして三軒目へと・・・




炭火・立呑処 まさいち屋

焼肉の後だけに却下です




多聞酒蔵 

有名店ですが、大瓶が450円とちょっと高めなのと

それよりも ラオウ が座りたいと・・・

ここも却下です




やはりここしかありませんね



それとなんと言っても、これが気に入っているようです



100円の生ビールで、今日三回目の乾杯です



今日のメニューです



ラオウ が さざえ の造り330円を、私は ゲソ の造り280円を注文しました



私の苦手な さざえ の部位です



そして そら豆 150円です

いつもながら ラオウ は外の皮のまま食べています

ジョッキのまま、大瓶を数本飲んでお開きとしました

〆て2000円ちょっとだったような・・・

まあ、安心して入れるっていうか、三軒目で立呑みはちょっとキツイので

〆のお店はいつもここですね!


帰りに、大阪駅でガキに土産を...



酔ってるせいかピントが甘いです

今日は 贅沢プリン が二個しかなかったので

デンマークからの贈り物 確か長女が レアチーズ だと言っていたような・・・

記憶が定かでありません



これ誰の手でしょうか?これも記憶にありません

今日も一瞬で眠りの世界に落ちてしまいました



posted by tsugu_chan at 12:08| Comment(6) | TrackBack(0) | ├ 呑み会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは

「かんちゃん」は、アテを頼まないと帰らされます

肉五郎は、やはり玉五郎プロデュースだそうです
写真の生ビールの泡多くないですか?

あの界隈も焼肉屋が多いですね
Posted by やまやん at 2011年10月13日 21:58
焼黒枝豆の魔法の粉…何なんでしょう?気になりますね。
どて焼きとこんにゃく…美味しいわけでもなく、見た目も…なのね。
Posted by 朱雀ゆう at 2011年10月13日 22:32
やまやんさん

こんばんは
でも「かんちゃん」でアテを頼まない人がいるんですね
あのラオウが美味しいって素直に言ってたぐらいです

肉五郎はやはりそうなんですか?
名前が名前ですもんね!
なんといっても、老舗の玉一があるぐらいですから、、
内の会社の韓国メンバーを一度天満に連れて行ったのですが
ここはソウルみたいだと関心してました

ビールの泡!ラオウのイタズラです
Posted by つぐちゃん at 2011年10月13日 23:14
ゆうさん

こんばんは
そやねん!この魔法の粉全然わからんねんけど
とにかくこの枝豆にあうねんなー
もう少し通って、仲良くなったら聞いてみるよ
Posted by つぐちゃん at 2011年10月13日 23:16
「かんちゃん」は、行くなら1件目ですね
いわゆる3〜4件目でお腹いっぱいで、あと一・二杯飲むだけには
適しません 

余談ですが双龍居の隣に北新地の割烹「秋やま」がプロデュースされた串カツ屋が先月オープンされたみたいですね
Posted by やまやん at 2011年10月14日 08:35
やまやんさん

おはようございます
なるほど、一軒目なんですね

「和洋串 PANKOYA」で実績のある「秋やま」がプロデュースしたのであれば行かねばなりません
情報ありがとうございます
おそらく天満価格なんでしょうけど、
「酒の奥田Part2」以上のコスパを感じることができればいいのですが・・・
近く駅前に「金久右衛門」もオープンするようです
昔「むつみ屋」があったところです

なんかどんどん新しいお店ができてきて、これから非常に楽しみです
Posted by つぐちゃん at 2011年10月14日 09:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。