2011年12月22日

大漁酒場 魚樽本店 〜広島・薬研堀/ゆすら 〜広島・鉄砲町



広島出張! 薬研堀にある有名居酒屋「魚樽本店」をレビューします


一日遅れのアップです


今日は午後移動で広島に入りました

広島といっても、大阪から一時間半です



14時30分過ぎに広島駅に到着しました



とりあえず今日の宿泊先「ホテル ニューヒロデン」にチェックイン、一旦荷物を置いて...

すぐにホテルを後にしました

iPhoneで、目的の会社まで2.2Kmであることをチェック、ウォーキングで出かけました

行き先は「袋町」、平和記念公園の方向です

15時20分に到着、一足先に広島入りしていた ググる君 と合流...

年末の挨拶回りなので、30分で終了!

次の会社へ徒歩で移動し、ここも30分程度で終了... 

これで今日の仕事はお終いです

まだ17時過ぎですが・・・ 第二ラウンドの開始です

予め ググる君 が調査済みのお店 魚樽本店 へ向かいます


広島市中区薬研堀3-8
082-546-0001

お店の前で強面のオジサン二人が炭火で豪快に何かを焼いています



19時までとの条件でカウンターに・・・ 二時間弱あります

すべて予約済みのようです



焼き牡蠣 380円と 牡蠣フライ 780円を...



炙り刺 盛り合わせ(三点盛り)1200円と

ホッケ一夜干し 520円と きのこいろいろホイル焼き 680円を...



せせりネギ塩焼き 580円を注文




生ビール 500円で乾杯です

付きだしは広島名物 小鰯の南蛮漬け でした

焼くのが面倒なので頼んだつもりが・・・ 巨大な七輪が出てきました

まあ... 絵的にはこちらの方がいいので、「まあ、いいっかー」と・・・



続いて、焼き物の刺身が・・・



カジキマグロ から・・・



ググる君 任せていたら... 焼き魚になってました



山葵醤油でいただました

やはり大味ですね!



続いて  でしょうか・・・?

違う気もします



私が表面をサッと炙りました



やはり  じゃないかもしれません

これも大味で高級感がありません



最後に  です



ググる君は「生モノ」が苦手そうなので、少し多めに焼いてあげました



生姜醤油でいただきました




牡蠣フライ の登場です



中洲の「せいもん払い」の「牡蠣フライ」に比べると見劣りします

味は普通レベルで、可もなく不可もなくと言ったところでしょうか・・・



次は「タルタルソース」でいただきました

わざわざ広島まで来て食べるレベルじゃないですね




ホッケ一夜干し が出てきました



ググる君 に任せておくと焼きすぎるので、私が面倒をみます

魚を焼くときは片時も目を離してはいけません

それはもう常識です



完璧な焼き加減です(自画自賛)



脂がのってて美味いですが… 偏に私の焼き加減の賜でしょう

でも、前夜も 天満 で「ホッケ」を焼いており、そう味は変わらないような気も・・・




ようやく 焼き牡蠣 の登場です



レモンを絞っていただきました

磯の香りが堪りません

ググる君 が「宜しければ食べてください!」と言ってくれたので...

遠慮せずにいただこうとすると・・・

「ガッビーン!焼きすぎて、カラカラになっているじゃないですか・・・」

中途半端なお店です




ここで せせりネギ塩焼き の登場・・・

凄い「にんにく」の香りです

ググる君 に「にんにく」をよけて貰いました



確かに美味いのですが... ここまで「にんにく」をきかさなくても、「せせり」は美味い筈・・・




最後に きのこいろいろホイル焼き が・・・



ビールのアテには最高です


生ビールを計八杯いただいて、〆て8350円でした

一時間前の18時にラストオーダーを取りにくるわ...

そして、三十分前の18時半には飲み物のラストオーダーと・・・

「えー加減にせーよ!」という感じで、店を出ました

こんなお店、もう二度と来ることはないと思います

大して美味くもないのに... 「人気の上に胡坐をかいてる」とはまさにこのことを言うのです

まず、大阪では絶対流行らない店です

サ・ヨ・ナ・ラ




早々に 流川 を後にし、 相生通り を北へ渡りました


ググる君 が広島の取引先に連れていってもらったお店へ・・・


広島市中区鉄砲町7-5 2F
082-222-3777

二階がお店のようです

 

ゆすら という日本酒のお店のようです

女性二名で切り盛りされているお店です




富久長 680円を注文

「女性杜氏が醸す感性の酒・・・」とあります

「今田酒造」さんのお酒で全国的に有名です



チェイサー付きで付きだしと共に登場です



上立つ香は非常に華やかで柑橘系...

口に含むとスッキリした軽めの当たりに、ほのかな甘味が可憐です

引き際にジンとした満足感を与えつつ収束・・・

女性的なお酒です



付きだしの ひじきの煮物

お酒に合うように上品に... そして控えめな味付けです




茨城県の日本酒、郷乃誉を代表する純米大吟醸に 山桜桃 (ゆすら)というのがありますが

店名と関係あるのでしょうか・・・?

ググる君 は前回いただいたようです

今日は控えておきましょう



オススメの「赤ナマコポン酢」をいただこうと思ったのですが・・・

なんと ググる君 は苦手なようです




おでん と きびなご焼き 630円 を・・・



私の 大根 と ごぼう天 です



柚子胡椒 が大根によく合います




ググる君 の 大根 と こんにゃく です

彼の定番です




きびなご焼き の登場です



香ばしくて美味しいです

日本酒によく合います


しかし、危険なお酒はこれぐらいにして、焼酎へチェンジしました



私は 喜六 525円をロックで...



ググる君は 山ねこ 525円を水割りでいただきます

計四杯ずつ飲んで、〆て5800円ほどでした

愛想のいいお店で、ほとんどの客が... おじさんの一人客です

お目当てはカウンターにいる女性(ここの女将と思しき)との会話です

皆さん楽しそうです

私が捜し求めていた「小料理屋」の姿をここにみた気がします

いいお店です

そして、客の見送り方も堂に入ってます

大したもんです

「また来よう」という気にさせるところがお見事です


まだ21時過ぎですが、今日はこれでお開きとしました

明日も終日、広島で年末の挨拶回りです

ホテルに帰って、「家政婦のミタ」の最終回でも見て、寝ることにします



posted by tsugu_chan at 18:57| Comment(2) | TrackBack(0) | ├ 出張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
捜し求めていた「小料理屋」の姿をここにみた…ほぉ〜。
客の見送り方も堂に入ってる。「また来よう」という気にさせる…
どんなお店なんやろ〜気になるわぁ(^0^)
Posted by 朱雀ゆう at 2011年12月26日 17:52
ゆうさん

おはようございます
小料理屋っていう響きすきですね
地方出張で小料理屋を見つけるのは
旅の楽しみの一つです
Posted by つぐちゃん at 2011年12月28日 11:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。