2012年01月05日

千草 〜JR天満



2012年仕事始めのランチは天満のお好み焼き名店「千種」からです


今日から仕事初めです

この七日間の怠惰な生活で12月のダイエット分も吹っ飛んだ感じです

どうしてこうもダメなんでしょうか

昨晩もカミさんの友人を招いてのパーティーで「えー感じ」に酔っ払い!

二日酔いになるほどではなかったのですが...

朝まで爆睡でした


今日は昨日と打って変わって陽気です

仕事始めに相応しい日ではないでしょうか

恒例の仕事始めの「大阪天満宮」へのお参りも無事済ませ

ラオウ の会社へ年始のご挨拶・・・

生憎会えませんでしたが、名刺だけ置いて...

さあ、ランチです

ロケーションも「天満」なので、一年ぶりにお好み焼きの 千種 へ


大阪市北区天神橋4-11-18
06-6351-4072

天満では知る人ぞ知る名店です

一年前に訪問して以来ですが...

ブログをチェックすると2010年の仕事納めの28日に訪問してました

「名店」では有無を言わず 豚玉 です

ミックス とかは論外です



見た目はどこも変わりませんが・・・

この下に隠れているタネにきっと仕掛けがあるのだと思います



鉄板に油を薄く敷いて、先ずは豚肉を焼きにかかります

これで「豚の脂」の旨み成分が鉄板に拡がる訳です

今年は ググる君 も私のマネをしています

成長した証です



そして、タネを良くかき混ぜて、一気に豚肉の上へ投入、軽く体裁を整えます

ここでの注意点はあまり薄く延ばさないことです

「ふんわり」仕上げるのがコツなんです



五分程度焼きます

小さなコテで前面(豚肉がある方)が焦げていないかだけをチェックし

頃合いも見て、大きなコテと小さなコテでひっくり返します

大きなコテだけでひっくり返すことができるまで焼いてはダメなんです

お好み焼きのコツは「焼き加減」なんです

ここでもう一つ重要なことは、決して「広島焼き」のようにコテで押さえ付けてはいけません

まあ、大阪の人なら誰でも知っていることですが・・・



小さなコテの角で突き刺し、「サクッと」感が出れば完成です

先ずは、一面にソースを掛けます

何事もほどほどが肝心です

掛けたソースが垂れて、鉄板がジュージュー

これぐらいでいいのです

そして、「マヨネーズ」と「和辛子」を少々・・・

「和辛子」が隠し味になります

マヨラーの ググる君 は掛けすぎです

なんか白っぽいし・・・

そして、「青海苔」と「鰹節」で仕上げます



ズームイン!

美味しそうでしょう



では、小さなコテで一口大の大きさに切って、熱々をデッドにいただきます

一応お皿とお箸が用意されていますが、これが大阪流「裏千家」の食べ方なんです

これでなきゃ、本当の美味しさは味わえません

うん 美味しい! やはりこのお店は間違いないですね

でも、大阪No.1では決してありません

天満では間違いなく一番ですが・・・

大阪の数ある下町には必ず一軒は「地元No.1」のお店があります

この豚玉は一枚700円です

どんなに美味しくても、これがお好み焼きの限界の価格なんです

だから、ハワイにもお店を出しているような大阪出身の某有名店にはわざわざ行きません

高いだけで大して美味しい訳でもないので・・・

これは広島でも同じことが言えるらしいです

美味しいお好み焼きはコスパも最高なんです



1st「究極の大阪お好み焼きの味を今に伝えるお店@千草」(20101228)




posted by tsugu_chan at 12:41| Comment(2) | TrackBack(0) | └ ランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
自分でお好み焼き焼くのはなぁ〜。なんか苦手やわ。
あ〜、美味しいお好み焼き食べたくなってきたっ(^0^)
Posted by 朱雀ゆう at 2012年01月05日 19:17
ゆうさん

こんばんは
京都人は自分で焼かんのかな〜
この歳になって、焼きたい訳じゃないんやけど
本能で焼いてしまうねん
これは大阪DNAなんやろな〜
Posted by つぐちゃん at 2012年01月05日 23:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。