2012年01月25日

すし まるじん (旧店名:鮨穂の河)



割烹「穂の河」の系列店でお値打ち寿司ランチをいただきました


今日は快晴です!

この冬一番の寒さかもしれません

昨日から「4年以内に首都直下型地震70%」東大地震研が予測と大騒ぎですが・・・

「たかじんのそこまで言って委員会」でちょくちょく出てくる

地球物理学者のロバート・ゲラー東京大学大学院教授は

番組で何度も地震予知はできないと言っており、矛盾している

私はロバート・ゲラー教授に賛成ですが・・・

そもそも世俗に染まった人間に自然界の予知など出来るわけがない

ググる君 の話では

めったにお目にかかれない深海魚「リュウグウノツカイ」が発見されたからだとか・・・

「地震と言えばナマズですが・・・」これらの方が私としては信じられる訳です

そんな感じでもうランチタイムです

寒いですが... 北新地へ新規開拓に向います

ググる君 だけがいつものようにコートを羽織らず出発・・・

ものの一分で後悔しています

ホント学習能力のない彼です

上通りを西へ、日宝新地レジャービルを2階に上がります


大阪市北区堂島1丁目3番29号 日宝新地レジャービル 2F
06-6345-5679

割烹「穂の河」の系列店 すし まるじん へ潜入です



鮨はなまち 1000円を注文します



このあたりは 穂の河 ならではですね




先ずは 口取り 五種から



前菜に 手毬鮨の炙り とはなかなかやりますね!



南瓜の煮物



焼き茄子



鯵のヅケ



出汁巻き

このあたりはさすが割烹といったとこです

この上なく上品なデキです




にぎり六貫



ランチに 本マグロ を使用とは... 嬉しい限りです



この  も味に深みがあって、 明石蛸 でしょうか

ただ鮨全般に言えることは、素材の新鮮さだけじゃないと言うことです

ネタとシャリのバランスをもう少し研究して欲しいですね

完全にシャリが負けています

確かに私の口がちょっと贅沢になっているのかもしれませんが・・・

大好きな 穂の河 さんの系列だけに

惜しいな〜って感じでした



この赤出汁も完璧でした



最後にデザート


これだけいただいて1000円で文句を言うのははなはだ失礼なんですが・・・


今は暖簾を下ろしたのか、移転したのか・・・?

二十年近く通った馴染みのお店で、新鮮な魚をリーズナブルな価格で食べさせてくれるお店で・・・

〆のお鮨だけがイケてなかったんです

それも同じようにシャリに課題があったんです

「寿司匠××」というお店なのに... 惜しいな〜とずっと思っていました




posted by tsugu_chan at 12:38| Comment(2) | TrackBack(0) | └ ランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お上品な感じでいいですね。
お寿司が残念ってホント残念ですね。
シャリの量が問題なんでしょうか?
Posted by 朱雀ゆう at 2012年01月30日 19:35
ゆうさん

こんばんは
シャリの量じゃなくて
にぎりが固いねん
粘り気もないねん
だから固いくせに箸で掴んだら簡単に割れる
でも口に運ぶと固いねん
すべてバランスだと思うねんけどね・・・
Posted by つぐちゃん at 2012年01月31日 21:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。