2012年02月10日

和牛懐石 但馬屋 〜梅田/FOOD BAR LOOSE 〜北新地



和牛のパイオニア「但馬屋」さんで和牛懐石をいただいてきました


一日遅れのアップです


今日はお客様との会食の日

前から一度訪問してみたいと思っていた会員制の焼肉店 但馬屋 さんです

姉妹店が近所の東三国にあることはずっと前から知っていましたし

イーマにあるお店には何回か行ったことはありますが・・・

ここ本店だけは初めてです

って言うか... 紹介もしくは会員にならなければ入れません

そんな訳で一月の会食でイーマにある「LUXE Tajimaya」を利用し、その際に会員になりました

では、早速レビューの開始です


大阪市北区太融寺町8-2
TEL 非公開

お店の看板など一切ありません

ただ壁に牛の絵があるだけです



向って左のこちらが入り口で、右側が出口になっておりました

入り口で暗証番号を押すと、扉が開くシステムになっています

ここは間違いなく接待用のお店です



コースのみの設定で・・・ これが如月(二月)のコース内容です



単品の追加メニューはこちらで、赤い線が引いてあるのが本日のオススメのようです



部屋にはビールサーバーが取り付けられており、最初の一杯はお店の人が注いでくれます

量り売りのシステムで、後は自由に注ぎます



先ずは、ビールで乾杯です



ワインはブルゴーニュの2009年をチョイス

花のような香り長い余韻・・・ ほっとさせてくれるワインです




先ずは、前菜四品から・・・

向って左から 刺身こんにゃく梅肉酢味噌 で、その隣が ゲタカルビの旨煮 そして 金柑のピクルス 

そして右端が コリコリとヤーコンの木の芽和え

それほど私の舌を唸らせる前菜ではありませんでした




ここで追加メニューから レバー刺身 を注文!

私は苦手なので... 遠慮しておきましたが・・・

かなりの上物だそうです




続いて もも肉の冷しゃぶユッケ風 〜オクラトロロソース仕立て〜
  
肉を50日かけて熟成させた逸品で、色が黒く変色していても大丈夫との説明がありました

正直言って... これもそれほど私の心に響いてはきませんでした




最初の焼き物の登場です



みの薄切り

「ミノ」の中でも極上のところだけを使用しています



女将おすすめの一品は 熟成 ももの角切 でした

これは美味い! 秀逸な味でした



前チマキのやきしゃぶ

チマキとはすね肉のことらしいです

「前」というからには前足のお肉ということでしょう

歯応えのある筋肉質のお肉ですが、何とも言えない味わいがありますね




ここで肉を小休止・・・

鹿児島産の 新小芋 と 福井県産の 美味しいたけ をいただきましたが

「しいたけ」の撮影をうっかり忘れて、食べてしまいました

いずれもとても美味しかったです




そして 肩ばらのみぞれ焼き 

片面だけを焼いて巻いていただきましたが... あっさりいただけてホント美味しかったです




ここで口直しに 温野菜のサラダ 〜自家製タルタルソースと共に〜 が登場! 

後半戦へと続くのでした




後半戦のトップバッターは 熟成 究極ひうち

ひうち とはもも肉の一部で牛1頭から約1.5キロ〜2キロしかとれない極上の部位です



もちろんこれはお店の人が焼いてくれました



メニューには 四十五日以上熟成させた魂の一押しステーキ!! とありました



それと 但馬牛 って、登記されているとは知りませんでした

正真正銘の「但馬牛」を使っていることの証明です

先ずは一口そのままでいただきました

「但馬牛」のほんのりと甘い脂分が一気に口の中に拡がります

これは究極の和牛ですね!



そして残りのお肉は、この 泡醤油 と共にいただきます





固形バター醤油ってところでしょうか

肉との相性が抜群です




たんのスモークと柚子豆腐

これは たん と 柚子豆腐 の相性がイマイチ分かりかねる一品でした




調理長おすすめのたれ焼き と鹿児島産 たけのこ そして京都産 九条ねぎ が・・・



たけのこ と 特選ロース から焼きにかかります



特選ロース



熟成カルビ



てっちゃん

ロースやカルビは当然としても、この てっちゃん は秀逸でしたね





そして たけのこ と 九条ねぎ

これらを焼き野菜にチョイスするあたりはなかなかのセンスです




〆の食事は こだわり自家製手打ち冷麺 ですが・・・

あの麺が苦手な私は...



お茶漬けに変更!



昆布茶漬け をいただきました




そして最後のデザート



接客態度やハードは秀逸で、そして肝心のお料理も質、量ともに十分満足の行くコースになっています

ただ自分のお金で食べに行くなら 但馬屋 の姉妹店を選択するのではないでしょうか

ここまで熟成させて、調理していただいても、本来の牛肉の味を知らない私達には比較のしようがありません

亡くなった父がよく言ってました

「昔の牛肉はもっといいニオイがした」と

それがこのお店の熟成だと思うのですが・・・

理解するにはもう少し経験を積まないと無理かもしれません

でも、最後までホント気持ちのいいお店でした

ご馳走様でした


この後もう一軒、北新地のクラブにお付き合いいただき

23時半にお開きとしました

八兵衛 ともここで別れ、一人バーへ・・・



フード・バー「LOOSE」でクールダウンです



ハーパーを二杯ロックでいただいて、タクシーで帰路に就きました


posted by tsugu_chan at 07:47| Comment(4) | TrackBack(0) | ├ グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
会員制の焼肉店…(◎∀◎)
何か出てくるもの出てくるものスゴイですね。
泡醤油って気になります。
Posted by 朱雀ゆう at 2012年02月10日 16:11
ゆうさん

こんばんは
泡醤油がマジ美味かったな〜
それと登記されている牛って凄いと思えへん
Posted by つぐちゃん at 2012年02月10日 21:51
こんばんは

ちなみにコース料金は、如何ほどでしょうか?
とても、よさげなお肉ですがそれなりに高ければ
当たり前のように感じますが・・・
Posted by やまやん at 2012年02月11日 17:50
やまやんさん

こんばんは
この料理は8500円のコースでした
焼肉でこの価格は高すぎますよね
Posted by つぐちゃん at 2012年02月11日 18:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。