2012年03月04日

Leone(レオーネ) 〜北新地船大工通り



今一番お気に入りのイタリアンで一年目の結婚記念日を祝いました


一日遅れのアップです


2月28日が結婚記念日でした

再婚同士ですが... 無事一年を迎えられたことは嬉しい限りです

ランチで私の胃袋を捕らえて離さないイタリアン Leone で記念日のお祝いをしたいと思います

ランチの ”キーマカリー” がピカイチのお店なんですが…

そもそもイタリアンのお店です

一度心を鬼にして ”パスタランチ” をいただいたのですが・・・

洗練された味付けに心を奪われたのは言うまでもありません

そのときからいつかは夜のコースを・・・と心に決めていました

予め19時に予約を入れておき、タクシーでお店に乗り付けました

今日はちょっとぐらい贅沢をとしてもバチは当たらないでしょう



夜の雰囲気もステキですね

 
大阪市北区堂島1-2-7 パーマーリーイン 3F
06-6348-1151

エレベータで三階に上がります



一日前に予約したせいか... カウンター席のカップルシートに通されました

お箸でいただくイタリアンです

料理は計12品の10,000円のコース...

飲み物は料理に併せたワインを六種類出してくれるテイスティングコース4500円です

予め苦手なものは聞いてくれます

では早速レビューの開始です




テイスティング一杯目は... 食前酒のシャンパンからです



”ドラピエ” の カルト・ブランシェ・ブリュット

すっきりとした味わいの辛口のシャンパンです




では一品目 髭鱈のフリット を

”ライムリーフを使ったさわやかなお出汁” でいただきました

程よい酸味で食欲増進を図ったひと品です




二品目は フォアグラのアイスキャンディー

口の中で一瞬でとろけました

私の苦手な ”フォアグラ” の脂肪分が取り除かれており、 ”フォアグラ” の濃厚な旨味が凝縮された至高の逸品です




テイスティング二杯目は...



イタリアンワインの カ・ロエーラ

新鮮な林檎の芳香性豊かな白ワインです




続いて小さな前菜(三品)の登場です

向かって左から時計回りに

・吉田牧場のカチョカバロと蛍烏賊 うすい豆のソース

・プチトマトとラクレットのグラタン

・ボルチーニ茸のサブレ トリフ風味のディップ  

前菜一品目...

日本のチーズ農家では有名な吉田牧場のカチョカバロと… ”蛍烏賊” って

「こんなにも合うものなんだ〜」と初めて知りました


二品目... 癖のあるチーズ ”ラクレット” のグラタン

プチトマトの隠し味を聞かれ、カミさんは「ピクルスかな?」と・・・

シェフ「惜しいです」「ピリ辛の漬物です」

私は全然分りません

それもその筈... 正解はキムチでした

私「苦手なんで食べたことないから... そりゃ分らんわな〜」

シェフ「それは分りませんよね」

私「ってことは、キムチは食べず嫌いなんかな〜」


そして三品目は ”ボルチーニ茸” と ”トリフ” のマリアージュ、香り豊かなサブレです

白ワインにとても良く合います




テイスティング三杯目は日本酒・・・



うすにごりの 三重錦 です

まるでメロンを想わせる様な甘く爽やかな香りと微炭酸の飲み口が最高です

この後の魚料理に ”うすにごりの純米吟醸” を合わせてくるところが斬新です

これはお代わりをいただきました




六品目は 桜のチップでスモークした桜鱒 

オシェトラキャビアが添えてあり、桜の葉の香りのするソースでいただきました

ロシア産キャビアが美味しく豪華なアクセントになった、春を感じる見事な逸品でした




七品目は 塩麹とヨーグルトでマリネしたマナガツオ

松の実のソースでいただきました

淡白な白身の ”マナガツオ” のマリネに ”金柑” がアクセントになった見事な逸品です

つけあわせのサッと揚げた ”こしあぶら” と ”せり” のお浸しが口直しに最高です

ここで...



この後の肉料理の口直しに、熊本八代産 トマトのジェラート が・・・

塩トマト 発祥の地、熊本八代産塩トマトと... どこまでもこだわった逸品です




テイスティング四杯目は...



2007 レ・ブスケ 

イタリア・マルケ州の代表的白ワインで ”赤ワイン派” にオススメの白ワインです

驚くほど濃厚な口当たりで肉料理にも負けない芳醇な余韻が・・・




八品目は ツムラ本店の河内鴨

愛媛の矢野さんの農家から仕入れた新鮮な野菜が添えられています



こだわりの国産合鴨 ”河内鴨”と農家から直接仕入れた新鮮無農薬の野菜

赤カブ そら豆 アスパラガス と・・・

素材の味を最大限に引き出した逸品です

野菜嫌いの私が本当に 「美味い!」 と感じたほどです




この ”フォッカチャ ”もハンパじゃありません

鴨のローストと野菜に掛かっているソースを全部ぬぐっていただきました


しかし、ここでカミさんがフライング・・・



我慢できずに... テイスティングとは別に「重めの赤ワイン」を注文!



オーストラリアワインの ドミニク ポルテ

味見しましたが...

カベルネ種特有の香りが豊かで後味が深い赤ワインですが、口の中で若干味わいに欠けます

オーストラリア産ならシラーズ種とのブレンドの方が好みです




九品目の 春キャベツのあっさりしたスープ 

サクサクとしたホワイトアスパラの歯ごたえがアクセントになった見事なスープです

ホワイトアスパラに対する固定観念が根底から覆りました


カミさんはかなりお腹が膨れてきたようです

ここからシェフが私に多め、カミさんに少なめにシェアしてくれるようです



十品目の 白魚とバジリコと大葉のスパゲッティ



この深い味わいは間違いなく ”からすみ” と ”バジリコ” です

白魚の天ぷらの食感といい... 途轍もなく美味いパスタです

日本人シェフだからこそ出せる味です

美味しいんでしょうね!

お腹いっぱいのカミさんが食べているぐらいですから・・・




テイスティング五杯目は...



イタリアワインの ロッソ・ディ・モンタルチーノ 2008 ラ・ジェルラ

香りは上品で繊細、フルーティ、芳香があり、味わいは滑らかで柔らかく、調和がとれているワインです




十一品目はメインの 万葉牛イチボの炭火焼

つけあわせの野菜は”亀岡の野生クレソン” と ”からし菜”



イチボはランプと呼ばれるおしり上部のお肉から、下側のやわらかい部分を特に切り出した部位

上モモ部分にあたるため、脂肪分は少なく、やわらかい赤身のお肉です

これならカミさんも大丈夫なようです

でもお腹がいっぱいのようで... 一切れ食べて、後はすべて私の胃袋へ・・・

なんか得した気分です

つけあわせの... 特に ”からし菜” が絶品でした




ここで ロッソ・ディ・モンタルチーノ 2008 ラ・ジェルラ をお代わり...

さらにカミさんは...



先ほどの ドミニク ポルテ をお代わりしてました

さすが赤ワイン好きだけのことはあります


そしてラスト12品目の食事です

滋賀産コシヒカリのご飯を使用した



穴子のスープご飯 と



スパイシーなチキンカレー

一つずつ注文しました

ここのカレーは既にランチでレビュー済みでなので省略します

でもここから評判になって、ランチのキーマカリーが始まったようです

穴子のスープご飯がカミさんから回ってきました

リゾットのような ”おじや ”ではなく、米の存在感が感じられる ”雑炊” といった感じで...

〆のご飯には最適です



自家製ラー油 が付いてきました

いずれにも掛けていただきましたが... 味に深みが増す ”ラー油” でした

やはり ”食わず嫌い” はダメですね




テイスティング六杯目は...



デザートワイン パッシート・ディ・パンテッレリア

ドライ・イチジクやあんず、蜜蜂のようなアロマが特徴のデザートワインです

口に含むと温かく、調和の取れた味わいが心地良いです

カミさんはこの甘さにギブアップです


デザート一品目は...



ヨーグルトのパンナコッタ、デコポン

非常に糖度の高い ”みかん” といったところでしょうか

バランスの取れた美味しいデザートです


二品目は...



苺のフォンダンショコラ

まさにアートですね!

絵心がないとこうはいきません

最後に...



カミさんは マリアージュフレール社のストレートティー




私は セガフレッド社のエスプレッソ を・・・



たっぷりの砂糖を溶かしていただきました




カミさんがライオンの置物にかぶりついています

どうも気に入ったようです


たっぷり二時間半の満足度の高いディナーでした

これだけ... こだわりの食材をふんだんに使ったお料理と

通販で買えば一本3000〜4000円のワイン、日本酒をこれだけいただいて

〆て35,000円でした

北新地では有り得ない高CPのお店です


でも小食のカミさんにはこれでも量が多かったようですね

パスタ以降はカミさんは味見程度・・・

また一つ私をデブに向かわせるのでした

この後バーによって帰ろうと思ったのですが...

カミさんはそんな余裕もないぐらいお腹いっぱいのようで・・・

タクシーを捕まえて、さっさと帰りました




4th「ブログを更新している今でも、口に美味しさの余韻が残る究極のカリーです」(20120224)

3rd「イタリアン・シェフが作るカレーのあまりの美味しさに惹かれ... 三周連続での訪問です」(20120215)

2nd「北新地でまた素晴らしい「イタリアン」に出会うことができました」(20120208)

1st「北新地の隠れ家 イタリアンシェフが作る「カレーランチ」をいただきました」(20120203)


posted by tsugu_chan at 10:12| Comment(2) | TrackBack(0) | ├ グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
早いなぁ〜、もう一年経ったんやね。
おめでとう\(^o^)/

フォアグラのアイスキャンディー…変わったモノが出ますね。
吉田牧場のカチョカバロは有名ですね。
ラクレットは溶かしてジャガイモに付けて食べたことがあるよ。
塩麹…今流行りだからねぇ。
フォンダンショコラは、中からトロッとチョコが出てきたのかな?

ステキな結婚記念日やね(*^0^*)ヒュ〜ヒュ〜
Posted by 朱雀ゆう at 2012年03月07日 16:50
ゆうさん

こんにちは
ありがとう!
カミさんの結婚指輪の屑ダイヤが取れてなくなったから
買ってくれってウルサイねん
大体結婚指輪を買いなおすなんて聞いたことあれへんし

チーズ好きなんや
俺は苦手やな〜
塩麹...確かに流行ってるけど美味いかな?

中からトロっとでてきたよ
甘いもんは最高やね!
Posted by つぐちゃん at 2012年03月08日 15:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。