2012年03月15日

尊尊我無 (とーとぅがなし )/Bar Porcini/KOZMIC 長屋バー 〜JR福島



漸く潜入できました!大阪・福島に燦然と輝く”尊尊我無”・・・


一日遅れのアップです


今日は ラオウ との定例の筈が・・・

急遽中止の連絡を受け、ならば新規開拓の為に、大阪・福島へ予定変更!

福島と言えば... ググる君 の庭です

行きたいお店は山ほどありあます

二年前から何度もトライしては断念してきた福島の ”路地裏の隠れた名店” 尊尊我無 に

予約の確認を入れてみます

それが... 予約が取れたんです

期待せずにいるとそんなもんなんですね!

さっさと仕事を終え、向います


大阪市福島区福島6-3-15
06-6455-6555

”なにわ筋” という目抜き通りから一本通りを入っただけで...

駅前の喧騒からは隔絶されるのがこのエリアの特徴です



漸く潜入することができました



カウンター六席と八人掛けのテーブルが二つという小さな箱です

老夫婦二人で切り盛りされているようです



先ずは生ビールで乾杯です

日本酒専門店のお店だけあって、瓶ビールは置いていないようです



付きだしの 豆腐 と モロコの甘露煮 です

モロコ を出してくるとは、お見逸れ致しました



ここは ”鮪料理” が有名なお店です

名物の ”まぐろカマ岩塩焼き” 600円は要予約らしく、当日の予約では無理のようです

事前に予約を入れておくと、入店時には既に焼きあげてくれているようです

注文は予め決めておきました




先ずは 造り三種盛(まぐろ) 1200円の登場です

向って左から



”メバチマグロ” の 赤身



同じく 中トロ



そして 脳天 です

ちょっとウンチクを語りますと・・・

最も高価なのが ”本マグロ(黒鮪)” 、次いで ”南マグロ(インド鮪)” 、そして メバチマグロ の順になります

因みに、その次が ”キハダ鮪” で、最も安価なのが ”ビンチョウ鮪(ビンナガ鮪)” です

写真からも明らかのように... メバチの赤身は最も赤色が鮮明で、マグロ自体の旨みが濃厚です

この事から、マグロの「ヅケ」には最適な食材といえます



珍しい部位の 脳天 ですが・・・

これは ”筋っぽい野郎” と言ったところで... 希少な部位ですが、食感が好きじゃないです




続いて まぐろホホ肉タタキ 650円・・・



美味しそうですね!早速いただきす



焼肉のツラミと一緒で歯応えがあります

美味いかどうかといえば・・・ それほどでもないという感じですね

否定する訳ではなく、あくまでも食感から得た感想です






熱燗用のお酒も置いているようです



私がいただいたのは、茨城 春一輪 にごり 純米吟醸750円・・・

微発砲の爽やかな味わいと華やかな香りのうすにごり酒です

”スパーリング日本酒” といったところでしょうか




そしてこちらは ググる君 がいただいた 広島 賀茂金秀 辛口特純 特別純米700円・・・

ちょっと味見をさせていただきましたが

しっかりとした旨味を感じさせながらも、軽快な酸味とのバランスが非常に心地良いすっきりした辛口です

いずれのお酒も... もうこれは芸術品です

ここまで丹精込めて作られたお酒もネットで買えば... 一升で3000円弱なんです

異常なプレミアが付かないのも、醸造元がネット販売をしてくれるからだと思います

良い時代になったものです




最後の一品は まぐろ唐揚げ 700円です



食欲を煽る香りが漂ってきました



早速いただきましたが・・・ 今日イチかもしれません

私「俺、これが一番美味いと思う」

ググル君「私もそうなんです」

やはり我々は ”マグロ好きじゃない” のかもしれません

”赤身” はどうしても味が淡白なんです

今日は初めての訪問だったので、 ”マグロ尽くし” にしましたが

メニューには ”桜海老のかき揚げ”等、季節ものの料理もあったので

次回はいろいろ試してみたいと思います

そして最後に忘れてならないのが、いただいた日本酒の量なんですが・・・

十分一合以上入っていました

あの器に二杯もいただくと、結構酔いが回ると思います

だから、一人当たり3,000〜4,000円のお店ですね

人気のほどが分かった気がします

くれぐれも事前に予約入れないと・・・

いつ行っても満席の札が出ています

ここは〆て5500円ほどでした


そして我々が次に向ったのは ”あみだ池筋”にある ”つま美” というお寿司屋さん

国道二号線とあみだ池筋の交差点を南へちょっと下ったところにある

本格江戸前寿司をリーズナブルなお値段で食べさせてくれるお店です


それが残念なことに・・・ 水曜日が定休日でした

仕方なく、我々が向った先は・・・

大阪福島のイタリアン・バル発祥のお店 BAR VORCINI

向いにあるイタリア食堂 ”タヴェルナ・ポルチーニ”の姉妹店で、ここはバルだけあって、予約ができません

いつも行列ができる超人気店です


大阪市福島区福島5-11-3
06-6450-1915

ここも当然ダメ元で向ったのですが・・・

丁度入れ替わりでタイミング良く入れそうです



ラッキーな日です

こういう日もあるんですね



ここはワインで乾杯です



リンデマン BIN 50 シラーズ 2010

スパイシーな香りと凝縮された果実の風味を生かしつつ、優しく柔らかな口当たりです






ここの名物はなんと言っても、アンチパストミスト・・・



名物 前菜五種盛り合わせ 980円の登場です



手前のアンチョヴィポテトなんか最高です



そしてこの 海老のスパイシーフリット も強烈に美味しかったです

10種盛り合わせでも1380円とリーズナブルなのが、人気の元なのでしょう

そしてもう一品… 私の忘れられない味・・・



プレーンピッツァ 小680円



付け合せの ”青唐辛子の酢漬け” を... タバスコ代わりにのせていただきます

これこれ、この味です

チーズがシラーズのスパイシーな香りを一段と引き立ててくれます

至福のひとときです



ここは、本店  ”タヴェルナ・ポルチーニ” で焼くパンも有名で

とうとう近所にパン屋 PANE PORCINI (パネ ポルチーニ)を出したほどです

さすがにこれ以上食べれませんが、次回は一度食してみたいと思います

ここもこれで〆て5,500円ほどでした


そして最後に入ったのが数軒お隣の「 長屋バー


大阪市福島区福島5-11-5
06-6453-1914

久しぶりの訪問です



私は ザ・グレンリベット12年 をロック&チェイサーで

ググる君 は同じものを水割りで



三度目の乾杯です



アテはいつものように ミックスナッツ 630円を・・・

二杯ずつ飲んで、〆て3,700円ほどでした

今日は新規開拓もでき、非常に有意義でした

しかし、私の腰がもう限界です

昼過ぎから痛み出した腰が、次第に痛みが強くなってきました

なんとかこの後、福島から家までウォーキングで帰りました

帰ってすぐに床に就いたのですが... 寝返りの度に激痛が走ります

カミさんに足を牽引してもらい、少しは楽になったのですが・・・

翌朝も一向に痛みが引く気配はありません

休むことも一瞬考えたのですが... 横になっているのも辛いので無理矢理出社!

しかし、さすがにウォーキングは無理でした

こんな痛みぐらい、気合で治してやろうと思っています

そして、今日も呑み会です



posted by tsugu_chan at 00:29| Comment(2) | TrackBack(0) | ├ 呑み会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まぐろホホ肉タタキって美味しそうな感じするのに
そうでもなかったんですね。好みなんですかねぇ。

腰がもう限界って言いながら、福島から家までウォーキングって…。
大丈夫か?くれぐれもムリはせんようにっ。
Posted by 朱雀ゆう at 2012年03月16日 21:19
ゆうさん

こんばんは
ホホ肉は硬かったです

やはり痛いときは無理したらダメですね
Posted by つぐちゃん at 2012年03月16日 21:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。