2012年03月22日

酒の奥田Part2/満ぞく屋 天満店/玉屋 〜天六



天六に... これはやみつきになる”超〜カリトロ”のたこ焼屋をみつけました


今日はラオウとの定例は中止です

って言うか、欠席しましたが、月曜日に実施しているからです

カミさんには「真っ直ぐ帰る」と言って出てきたのですが...

水曜日に飲みに出ることが習慣になっているせいか

夕方になるにつれて、身体がアルコールを求め出しました

いつものように急なお誘いをし、 ググる君 と ”天満” へ・・・

久しぶりに ”奥田” の  チューリップ が食べたくなったので、一軒目は 酒の奥田Part2 へ

JR天満駅を出ると... 給料日前だと言うのに、ここだけは別世界です


大阪市北区天神橋4-12-22
06-6351-9514

相変わらず大盛況です



新メニューも増えているようです



いつものように ”大瓶” 350円で乾杯です





定番の どて焼き 200円と ポテサラ 200円

これだけは欠かせません

ググる君「ポテサラって、砂糖がポイントなのご存知ですか」

私「そうなん?」

ググる君「砂糖入れるとお店のポテサラになりますよ」

それは知りませんでした

だからデブの好物なんだと改めて・・・

私「この ”どて焼き” も大概砂糖入ってるよな〜」

ググる君「え〜、砂糖が美味さのポイントなんですよ」

私「だから外食は太るのか」

そんな感じで ”串カツ” へ突入です



三串ずつチョイス!

これ以上注文すると、飲めなくなるからです



私がチョイスしたのは定番の チューリップ 150円と キスしそ巻き 150円

そして新作の 紅しょうが肉巻き 100円の三品



紅しょうが肉巻き は ”紅しょうが” の風味がキツクて肉の味がさっぱり・・・

やはり ”紅しょうが” はそのまま ”天ぷら” にした方が良さげです

大瓶三本飲んで、〆て2,200円(笑いが止まりません)


二軒目は、久しぶりに 満ぞく屋 へ


大阪市北区天神橋4-11-21 天神橋アーバネスト 1F
06-4801-7557

ブログを始める前はちょくちょくナイターを見物がてらに入ったものです

ググる君 もここは一人で入れるお店だそうです

おっと! ”阪神−広島” のオープン戦をやっているではないですか・・・

アカン! ”0−5” で負けとる

マートンも開幕絶望とか言うてるし

城島も金本も爆弾抱えて野球やってるし、今年もアカンかな〜

そんなことを考えながら・・・



二軒目もとりあえず大瓶で乾杯です

ここの大瓶はちょい高めの390円ですが、サッポロの黒ラベルでした





メニューから おでん 一個80円を数種類と あわびバター焼き を注文!



私は定番の ”大根” と ”玉子” です

これさえあれば他は要りません

ググる君もいつものように同じく ”大根” と ”こんにゃく” です

彼は ”おでん” の ”こんにゃく” が大好物のようです

”おでん” 自体は美味しいのですが... 今日の大根はイケテませんね〜

”大根” の質が悪すぎます



そして あわびのバター焼き 600円の登場です

大きく撮りましたが...

実際は「これトコブシか?」と言うほど、小さな代物でした

味も先日 ”榮屋” で喰ったそれとは段違いでした

まあそれは仕方ないでしょう

天満で高級食材は注文してはならないという教えです




ここで私は ”芋/ロック” へ、 ググる君 も ”芋/お湯割り” へチェンジ!



若竹煮 380円を注文!

”筍” って、 ”竹”冠に ”旬” と書くんですね

まさに今が旬の ”筍” です



そして 漬物 250円を・・・

大瓶一本と焼酎を都合三杯ずつ飲んで、〆て3,620円でした


私「〆のラーメンの代わりに ”たこ焼き” で〆るか?」

ググる君「先週の土曜日にテレビでやってた ”たこ焼き屋” が天六にあるんです」

私「よっしゃそこ行こ!」

と即決です



大阪市北区国分寺1-3-4
06-6358-0866

天六の交差点を東へ400mほど行った都島通りの北側にありました



お店の右側の細い通路を入って一番奥に通してくれました

ここには非常に可愛らしい看板娘がいました

一目で ググる君 も私も虜になってしまいました

因みに写真に写っているいる人はここの奥さんで... 看板娘ではありません



三回目の乾杯です



岩塩 と ソース をハーフで注文!



向って左が ”ソース” で、右が ”岩塩” 六個ずつです

オマール海老の香りがとても香ばしくて、心地よいです

関西人の私が言うのもへんですが...

こんな美味しい ”たこ焼き” 生まれて初めてです

皆さんも一度食すとショックを受けるほどのハイレベルな ”たこ焼き” です

ホントびっくりです



カレー と にんにくしょうゆ を追加!



向って右が ”にんにくしょうゆ” 四個で、右が ”カレー” 五個です

苦手な ”にんにく” 風味もなんのその・・・

”カレー” に至っては感動モンです

看板娘が適当に相手してくれます

中瓶を都合三本飲んで、〆て2600円ほどだったような気が・・・

あまりよく覚えていません

看板娘が出口までお見送りしてくれました

ホントいいお店です

〆のラーメンもいいですが...

深夜0時までやっているので、これは間違いなく穴場です



posted by tsugu_chan at 07:59| Comment(2) | TrackBack(0) | ├ 呑み会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
砂糖入れるとお店のポテサラになる…( ..)φメモメモ
たこ焼きにオマール海老(@_@;)
スゴイたこ焼き屋さんやなぁ。

非常に可愛らしい看板娘…気になるねぇ。
Posted by 朱雀ゆう at 2012年03月22日 19:19
ゆうさん

こんばんは
5歳の看板娘が注文聞いてくれるねん
ホンマ可愛いわ!
でも、今の子って目硬いな
俺の子供時代なんて考えられへん
Posted by つぐちゃん at 2012年03月24日 23:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。