2012年06月28日

炭焼巧房 源/龍馬亭 〜大阪・福島



ご主人のお人柄が溢れ出てくるような至高の焼き鳥の数々・・・ 今日も堪能しました


一日遅れのアップです


久しぶりにどうしても 炭焼巧房 源 に行きたくて

まだ体調のすぐれない ググる君 を無理やり誘って行きました

当日予約では無理なお店なんですが、8:00pmまでとのお約束で入れてもらえました

6:00pm開店と同時に一番乗り・・・ このあたりが営業の融通のきくところです


大阪市福島区福島7-13-7 福島ビル北館 1F
06-6345-0722

一年半ぶりぐらいでしょうか





焼き鳥激戦区の大阪・福島No.1のお店です

 



エビス生 390円で乾杯です





お通しの登場です

ピーナッツ豆腐・凍みこんにゃくの胡麻和え・ゴーヤ の三種類です

茨城県の名物 凍みこんにゃく を大阪で食べられるとは・・・









注文は ググる君 に任せます



お酒も結構豊富なお店です



しょんしょん胡瓜 300円

一言で言えばモロキューです

酒のアテに最高です




ボン尻 一本150円から登場です

脂身が多い部位ですが、ちっともくどくありません

きっちり処理されており、口にひっかかる部分もありません

これまで食したボン尻の中でも最高ランクです




続いて、焼き鳥の定番 砂ずり 一本120円

なんとジューシーな 砂ずり なんでしょう

焼き手の心がこもった一串です




フルーツトマト ブリックスナイン 450円

群馬県館林の名産で糖度9度を超えるトマトです

もはやフルーツですね




しそ巻 一本160円



”しそ巻” から『ささみ』を連想したのですが、正体は『せせり』でした

歯ごたえと味にコクがある『せせり』が ”しそ” と合体することで、全く別物の一串に変化

これはクセになる味わいです




希少部位からは 松葉 一ヶ160円

笹身の付け根で鎖骨の部分で左右二本の一対がつながっており

V字型がちょうど松葉に似ていることから、そう呼ばれているのでしょう

味は『ささみ』と一緒で淡白な味です




せせり 一本160円

今や焼き鳥でこれを外す訳にはいきません

関東ではネックと呼ばれる首の部分のお肉ですが、歯ごたえよろしく味も最高です

焼き手の熱意を感じる一串です




スペイン産熟成豚バラ肉串焼き 一本250円



粒マスタードでいただきます

この粒マスタード・・・ ホントに粒です

口の中で粒がはじけて、なんとも言い難いすばらしいハーモニーを奏でています

熟成豚バラ肉との相性が抜群の一串でした




生ビールを四杯飲んで、焼酎へチェンジ



私は 赤霧島 500円をロックで、 ググる君 は水割りにしてました




ねずっち が絶賛の 玉ひも 250円

ググる君 が試してみましたが、私は遠慮しておきました

ググる君「玉子は ねずっち が言うように半熟ですが、ひもの部分はパサパサしています」
     
     「味は普通ですね〜 」

私「次回来た時注文する?」

ググる君「しません」

そんな味だそうです




最後に 手羽先 一ヶ180円

こんな『手羽先』生まれて初めて食べました

「なにこれ・・・?」と思わず叫んでしまうような『手羽先』

表面パリっ、そして中身がジューシーで身が厚い『手羽先』です




最後にデザートを頂戴し、〆て8,000円ちょっとでした

すばらしい二時間があっという間に過ぎました

ホントに感動する焼き鳥屋さんです

ご馳走様でした


それだけ感動したなら帰ればいいのに・・・ 既にリミッターの外れた二人は二軒目へ


大阪市福島区福島7-11-51 北側42号
06-6453-5004

『たこ焼き』の 龍馬亭



 

ケンシロウ が大阪No.1と絶賛するたこ焼き屋です



角ハイボール 370円で乾杯です



たこ焼き 9個360円



トマトスライス 190円



きゅうり一本漬け 290円


をアテにハーボールを何杯飲んだかは不明です

10:00pm前には店を出て、ウォーキングで帰ったのですが

途中でカミさんから電話・・・

翌日記憶にはありませんでした

カミさん「何しゃべっているか、よ〜わからんかった」と

そんな状態で5Kmも歩いて帰ったもんです

帰るや否や、無言で床へ、そして爆睡・・・

昨日はちっとも酔ってなかったのに

やはり相手が酒豪だと、自分までそうなっちゃうのでしょうか



posted by tsugu_chan at 09:25| Comment(2) | TrackBack(0) | ├ 呑み会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
しょんしょん胡瓜…何でそんな名前なんやろ?
スペイン産熟成豚バラ肉粒マスタード添え…串焼きの文字を抜いたら
どっかのビストロでありそうなメニューになるなぁ(^0^)
「なにこれ・・・?」と思わず叫んでしまうような『手羽先』…食べたい〜。
Posted by 朱雀ゆう at 2012年07月04日 17:06
ゆうさん

こんにちは
ここも超〜オススメの焼き鳥屋さんです
材料、焼き加減、接客態度と
三拍子揃ったお店です
今の所、No.1ですね
Posted by つぐちゃん at 2012年07月06日 12:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。