2012年08月08日

小箱 〜西天満



会社の近所で ”宮崎地鶏” といえば『小箱』・・・ 今日も美味しい地鶏を頂きました


夕方、カミさんから電話が... 「夕飯食べてきて・・・」だって

私「何でや?」

カミさん「夕飯、ハヤシライスやねんけど... 食べへんやろ!」

私「しゃーないな〜 出張帰りでしんどいんやけど... 」

カミさん「それは飲みすぎでしんどいんやろ!」

確かにそうなんですが、いつも「今日メシいらん!」って一方的に断っているので

これ以上反論するのも程ほどにして、今日の相方を物色・・・

ちょうど営業から ねずっち が戻ってきたようなので

「軽く行くか!」半ば強制的に拉致・・・

そうなんです

今週の ラオウ との定例会は中止なんです

そんな感じで、早々に退社・・・

行き先はいきつけの宮崎地鶏のお店 小箱 です


大阪市北区曽根崎1-6-12
06-6312-3637

ここの地鶏の炭火焼は無性に食べたくなる時があるんです

半ば中毒かもしれません



先ずは 生ビール 500円で乾杯です



まさに至福のとき・・・

全然飲める

昨日の酒なんて、とっくにどこかへ行った感じです



今日はいつもと違うものを注文することに・・・



仲のいい夫婦二人で切り盛りされているL字型のカウンターだけのお店で

店の名前『小箱』に相応しいこじんまりとした良いお店です



今日のお通しは 小鯵の南蛮漬け のようです

ここのお通しはいつも美味しいです

これならお通し代300円を払っても一切文句はありません




先ずは 若鶏唐揚げ 680円からいっときました

このお店で注文したのは初めてですが、予想通りの味で美味しかったです

予想通りって・・・? 唐揚げといえば「表面パリッそして中身ジューシー」に決まっています

使っている若鶏も良いので、美味しい訳です




今日はいつもの『地鶏の塩焼き&皮の塩焼き』は止めて 骨付きもも一本焼き 1,180円にしました

通は骨付きなんでしょうが、食べにくいので骨を外して焼いて貰いました

こちらの方が良質の地鶏を使用しているとのことで、真においしゅうございました

適切な歯ごたえとコク、そして深い旨味が感じられる地鶏でした




さらに 地鶏たたき 680円

ご主人「あまり火を通していないので、先に食べてください」と

夏だから食あたりをご心配くださったようです

空気中にはいろんな細菌が飛びかっているので、至極最もだと思います

ポン酢で頂きましたが、あまりの美味さにあっという間に完食・・・

心配するほどもこともありませんでした

新鮮なものは少し火を通した程度が一番美味しいのかもしれません




とにかく焼酎の豊富なお店です

焼酎ファンにとっては堪らないのでは・・・



我々も焼酎に切り替えました



サービスで 生ピーナッツ を出してくださいました

とても香ばしくて、焼酎が一層すすむアテです




続いて 若鶏のとり天 580円

これは大分の名物ですが... マジ美味 です

ねずっち の食欲が一向に止みません




最後に お漬物 380円を・・・

八兵衛 の焼酎も空になったのでサラを1本(3,000円)入れてお開きとしました

〆て9,100円でした

ボトルを一本入れて、これだけ喰って一万円を切る値段なので、リーズナブルなお店だと思います

今日もホント美味しかったです

気が付けば9:00pmを回ってました

ウォーキングで帰ることにしましょう

朝と違って、夜のウォーキングは涼しくて楽です



posted by tsugu_chan at 23:16| Comment(2) | TrackBack(0) | ├ 呑み会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
小鯵の南蛮漬け…美味しそう。南蛮漬け大好きや〜(^0^)
夏だから食あたりをご心配…確かにお店屋さんにとっては神経遣うよね。
Posted by 朱雀ゆう at 2012年08月14日 13:57
ゆうさん

こんにちは
お通しのレベルってそのお店のレベルに比例すると思う
お味噌汁の美味しいお店のランチが美味しいのと同じです

夏バテは少しはマシになりましたか?
Posted by つぐちゃん at 2012年08月14日 15:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。