2012年10月27日

炭火焼じょう/西天満バル フジノヤ 〜西天満



「炭火焼じょう」 ”つくねが美味い!” 自画自賛... するだけのことはありました


一日遅れのアップです


今日はいつもの営業のメンバーとの会食の日

第2Qの数字の目処も立ったので、後半(来年)に向けての決起集会と思っているのは私だけかも・・・

18時を過ぎたので、さっさと出掛けます

一昨日ランチで美味い ”チキンカツ” を頂いた 炭火焼じょう さんです

 
大阪市北区西天満6-2-14 マッセ梅田U
06-6312-2911

隣の 『THE 倶楽部キュイジーヌ』 はやってました

ランチだけを止めたようですね

  

中瓶しかないようなので、生ビール(YEBISU)500円で乾杯!

お通しは ”キャベツ” に焼き鳥のタレが掛かっていました


    

注文は ググる君 に任せました


  

先ずは 温玉シーザーサラダ 680円から

唯一好物のサラダ・・・ 焼き鳥屋だけあって、生の ”ササミ” が入っていました


 

そして名物の 生つくね 580円

山葵と玉葱スライスで頂きました

”つくね” と言うより ”刺身” を食べている感じです

刺身が好きな人は、この変わった食感を喜ばれるかもしれませんね


 

続いて、串  80円/本を ”塩” で頂きます

美味っい! 焼き手の心が伝わる一串です

丁寧に焼かれています


 

更に せせり 130円/本を ”塩” で頂きました

これについては言わずもがな・・・です

予想通り「焼き鳥」もかなりハイレベルのお店だと思います


 

一押し カレーチューリップ 7本380円

予想外に小さい手羽中の ”チューリップ” でした

美味しいのですが、普通サイズの ”チューリップ” でもいいのでは・・・?


 

これは私が唯一注文した定番 鶏の唐揚げ 480円

予想通り「バリうま」・・・

いずれの料理も一切の手抜きがなく、ホント美味しいお店です


 

名物 つくね 180円/本を ”タレ” で頂きます

さすが名物だけのことはあります

ナンコツ入りのコリコリとした食感の ”つくね” もいいですが

こちらのように「ふわっふわっ」の食感... それでいてしっかりした味わい

まさに「看板に偽りなし」とはこのことです

お腹の方も少し落ち着きました




更に ゴボウチップ 300円

ビールのアテに最高ですね


 

八兵衛 が バッファローチキン 480円を注文

アメカンテイストなホットパッパーソース

今やアメリカでは欠かせない永遠のビアフレンド ”バッファローウィングソース”

鶏の手羽を素揚げにしてこのソースを絡めるだけ・・・

手を汚さず食べるのは無理ですね




ここで私が禁断の フライドポテト 300円を注文

やはりみんな大好物のようですね


 

最後に、名物 ”つくね” から 柚子胡椒醤油 180円/本を頂きました

最後なのであっさり系を注文したのですが、気になっていたのは ”チーズのせ” だったんですよね

次回に取っておくことにします

最後まで全員 ”生ビール” を・・・ 〆て16,120円でした

天満とは比べられませんが、これだけハイレベルの焼き鳥を一人4,000円なら安い方だと思います


そして一行は二軒目へ

 
大阪市北区西天満5-15-18 実業ビル1F
06-6948-8160

ここはランチの ”サンドイッチ” が有名なお店です

   

先ずは、ワインをボトルで頂くことにしました

 

国産ワイン 農民ロッソ2011 3,900円

カベルネ・ソーヴィニョンやメルロといったボルドー品種を栃木県足利市の小さなワイナリーで栽培

美味しいワインでしたが、それはボルドーではなかったですね

甘みと樽香が漂うワイン・・・

味わいはしっかりした酸とタンニンも滑らかでほろ苦い余韻が... 

ただ深みはあまりなく、セバージュはボルドーなのにブルゴーニュ感覚に仕上がっています

私好みの赤ワインです



お通しの ”パン” ・・・ かなりハイレベルの美味しいパンでした

これはランチの「サンドイッチ」を頂かねばなりません



自家製スモーク盛り合わせ 850円



”鯖”



”秋刀魚”



”うずら”



”スモークチーズ” 



”スパム”

中でも ”鯖” がジューシー、 ”うずら” は絶品、 ”スパム” も新感覚・・・

ワインのアテには最高でした


もう少し飲みたかったのでグラスワインを・・・



ヴィーニャ・エラスリス エステート・レゼルヴァ・カルメネール2011

チリ産のフルボディ、内のカミさんは「頭が痛くなる」と言って飲みませんが

迷ったら「チリ産」これほどコストパフォーマンス にすぐれた美味しいワインはないと思います

私のような素人には十分に美味しいワインです

カルメネールの味わいはメルローより華やかでほのかにスパイシー

カベルネ・ソーヴィニヨンのような芯の強いタンニンがありますが、 より優しい感覚を覚えます



更に、骨付き生ハムの ハモンセラーノ 780円を・・・

正直、これはちょっとイケてなかったです

乾き過ぎです




最後に ググる君 と二人でお冷を頂き、〆て一万円弱でした

23時過ぎ... ではお開きとしましょう

散々迷ったのですが、今日はウォーキングで帰ることに・・・

0時20分に帰宅、今日も即爆睡でした



posted by tsugu_chan at 08:27| Comment(2) | TrackBack(0) | ├ 呑み会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
つぐさん

こんにちは

「生つくね」ってどの部位を使用しているのでしょうか?
鶏肉では、これまで生キモは食べたことはありますが
その他の部位で生で食べた経験がございません
一般的に牛と違い、豚肉や鶏肉は菌が多いので
よく加熱調理してから、食べると思っておりました
名物「つくね柚子胡椒醤油」は、非常に美味しそうです
ボール(団子)状より、この店のような、いわゆる一本焼きが
好みです(^v^)///
Posted by やまやん at 2012年10月27日 11:48
やまやんさん

こんにちは
”むね肉”だと思われます
一旦”たたき”にして、殺菌してから
中のレアな部分のみを使用しているのだと思います
Posted by つぐちゃん at 2012年10月27日 14:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。