2012年11月17日

手打ち麺 やす田 〜新大阪



”イリコ塩” に拘りを感じた 『やす田』 で ”カツオ醤油” を頂きました


今日は一日雨のようですね

「休日ぶらり麺紀行」第18弾!は やす田 さんへ再訪です

前回は ”イリコ塩” を頂き、こだわりの一杯に感心したこともあり

ならば ”カツオ醤油” はどうか?と・・・

ずっと気にはなっていたのですが、漸く再訪する気になりました

新大阪を挟んだ向こう側で、徒歩や自転車では行きにくいところにあり

前回は自転車で出掛けたのですが、今日は雨が降っているので車で出掛けました

10分もかかりません

近くのタイムスに車を停め・・・ 


大阪市東淀川区東中島1-21-2 新大阪ハイツ106号
06-6323-6628

一番乗りでした



カツオ醤油 を注文

まだ ”つけ麺” は再開していないようです

その理由は ”麺” なのか、 ”つけ汁” なのか? 興味津々です

自家製麺なので、 ”麺” ではないように思うのですが・・・




”カツオ醤油” の登場です



鉢の上で「カツオ」が跳ねました

先ずはスープから頂きましょう



鶏ガラベースのカツオ出汁、イリコの旨みも感じますが、雑味は皆無・・・

かえしの醤油ダレもすっきりしているのですが、のっかているカツオ節が邪魔です

そのせいか「うどん出汁」の面影を感じます



麺は自家製の加水率やや高めの平打ち手揉み麺

モチモチとした食感、ツルツルの喉越し感、そして小麦の香り豊かな麺に仕上がっています

さすが手打ち麺を銘打つだけのことはあります

麺は「つけ麺」にも十分転用できる麺だと思いますね



チャーシューは二枚

今回は食感から ”もも肉” だったように思います

あっさりしているので ”バラチャーシュー” も面白いかもしれませんね



メンマは極上の ”材木メンマ” を使用

歯ごたえよろしく、薄めの味付けで美味しいですね



総括すると、美味しいのですが、ややインパクトに欠けます

やはり、表面に浮いている ”カツオ節” は不要だと思います

スープの中にカツオの旨みをもっと閉じ込めるべきではないでしょうか

敢えて言うなら「カドヤ食堂」の ”中華そば” のような感じです

あれだけの ”塩ラーメン” を出すお店なのですから、当分ラーメンに拘って欲しいです

「つけ麺」はそれまで我慢します

辛口なレビューになりましたが、期待が大きい裏返しだと思ってください




1st「すべてにおいて作り手のこだわりを感じる渾身の一杯を『やす田』のラーメンに見ました」(20120902)



posted by tsugu_chan at 12:16| Comment(2) | TrackBack(0) | └ ランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
つぐさん

こんばんは

『やす田』は私も行きました
『人類みな麺類』の方が好みです

本日の面接でいきなり代表取締役に行っていただき
即日内定を獲得しました
12/1の入社です
サービス業(ホテル経営)です
Posted by やまやん at 2012年11月17日 19:15
やまやんさん

こんばんは
内定おめでとうございます
一発で内定を得るなんて、凄いですね
これで一安心ですが
師走なので、サービス業は忙しいんでしょうね
身体には気を付けて、お仕事頑張って下さい
Posted by つぐちゃん at 2012年11月18日 01:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。