2012年12月01日

三国そば 〜阪急・三国



天然昆布と本鰹からとった出汁は秀逸... 「駅そば」とは思えません


駅前に用事があったので、チャリで向かいます

さっさと用事を済ませると、「鰹出汁」のいい香りが漂ってきました

これは子供の頃から知っている 三国そば の「うどん出汁」の香りです

「休日ぶらり麺紀行」第21弾はここに決定です


大阪市淀川区西三国4丁目8-19-112
06-6391-3412

ふらり覗いてみると満員... 老若男女が入り乱れています

ここは「立ち喰い蕎麦」のお店なんです

今では駅が高架になったので、こちらに移動してきましたが

10年前迄は駅の改札の丁度前にありました

朝夕と人が入れ替わり立ち代り、いつも繁盛しているお店でしたが

今もその様子に変わりはありません

駅前の商店街に入ってすぐのところに「阪急そば」がありましたが

地元の人は皆「三国そば」へ... そりゃ潰れる筈です

私の注文はいつも決まって ”肉うどん” と ”おにぎり” 一個...

周りを見ると、やはり皆さん ”おにぎり” を食べているじゃないですか

今日も同じものを注文...

出来上がるまでに一分も掛かりません




肉うどん 430円が登場...

と同時に おにぎり 100円も貰います

この「昆布」と「椎茸」の佃煮も美味しいんです

300円で販売されているぐらいですから・・・

「おにぎり」は型に嵌めたものですが、ちゃんとコシヒカリを使っています

熱い「うどん」に、この冷たい「おにぎり」のアンバランスがまたいいんです



あ〜この出汁の香りが堪りません

久しぶりに再会した「肉うどん」・・・



このお店は「うどんがどうのこうの」と御託を並べるんじゃなくて

とにかく「ダシ」にこだわったお店なんです

天然昆布と本鰹から取った出汁に淡口醤油で味を調えた「うどん出汁」は天下一品です

味もさることながら、この「出汁」の香りは10メート先から漂ってきます

これまで何十年とここの住人の空腹を嫌と言うほど満たしてきたんでしょうね

きっと私が生まれる前からあった筈なので、50年以上続いているお店です

一度食べるとその味は忘れられません

ブログを書いていると...

指先に付いた先ほどの「うどん出汁」がいつまでも芳しい香りを漂わせています

ご馳走様でした



posted by tsugu_chan at 14:19| Comment(0) | TrackBack(0) | └ ランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。