2012年12月27日

成蔵(なりくら) 〜高田馬場



ほぼ一年ぶりに、高田馬場の「豚カツ」専門店 『成蔵』 で “特ロースかつ” を頂きました


今年最後の東京出張です

今年の冬は大阪も東京に負けじと寒いです

10時の新幹線に乗り、12時半に品川で山手線外回りに乗り換えて、一路「高田馬場」へ

ランチはそこで取ることにしました

高田馬場と言えば、ラーメン激戦区でもあるんですが

やはり、とんかつ有名店の 成蔵 さんでしょう

ほぼ一年ぶりの訪問になります


東京都新宿区高田馬場1-32-11 小澤ビル地下1F
03-6380-3823

いきなり行列がお出迎えしてくれるとは・・・ 相変わらずの人気店です

お昼の1時過ぎなので、丁度入れ替え時期じゃないかな?と予想...

予想通り、ものの10分程度で入店できました



霜降高原豚特ロースかつ定食 2,000円を注文!

他のメニューも目移りしますが、ここは「とんかつ」を食べるお店です

昨年に続き、今年も ”特ロースかつ” をいっときました

厚さ3cmもある「とんかつ」なので、揚げるのに15分は掛かります


そして出てきたのがこれ!



どうですか? この迫力・・・

ほんのりと身は赤いのですが、低温できっちりと揚げているので、火は十分通っています

それが証拠に簡単に歯で噛み切れます



そして、これが ”霜降高原豚特ロースかつ定食” の全貌です



こんな「とんかつ」大阪じゃ、そうそう喰えません

先ずは ”キャベツ” から完食! 

決して、ご飯に手を付けてはいけません



「とんかつソース」をたっぷり掛けて、「からし」も忘れずに...

さあ頂きましょう

これだけの厚さにもかかわらず、柔らかくてジューシー

噛み締める毎に、甘みの強い脂が口中を駆け巡ります

八兵衛 は「岩塩」で食べていましたが、すぐに ”とんかつソース” にチェンジ...

やはり「とんかつソースには勝てないですね」と言ってます

こんな「とんかつ」... やはり大阪にはありませんね

やはり「豚肉文化」の東京の足元にも及びません



「豚汁」はもうちょっと具沢山にして欲しかったかも・・・


10年前に、東京の蔵前で知った「とんかつ」の味

それまでは知らなかっただけで、そのクオリティの高さに惚れました

そのお店よりも、ランクが上の 『成蔵』 さんは超〜オススメのお店です

高田馬場に行かれたら、駅からすぐなので、一度ぐらいはご賞味されてはいかがでしょうか





1st「厚さ3センチの「特ロースかつ」がいとも簡単に噛み切れます・・・」(20120207)



posted by tsugu_chan at 17:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ├ 出張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。