2013年01月17日

きゃべつはうす 阪急千里線・関大前



大学の近所の老舗のお好み焼き屋 『きゃべつはうす』 味はなかなかのものでした


今朝は生憎の曇天ですが、気温はやや高めでしょうか

ウォーキングしていると暑いぐらいですが、日本海側は大変なお天気のようですね

週末カミさんは友達とカニを食べに「香住」方面に行くそうですが

お天気は大丈夫なんでしょうか


今日は午前中、お客様である某大学へ 八兵衛 と年始の挨拶に赴きました

11時半過ぎには挨拶を終え、更に用事まで済ませて、いざランチ・・・

近くに美味しいカレー専門店 『タンダーパニー』 があるのですが、既にレビュー済みです

駅前に聞いた事があるような店名のお好み焼き きゃべつはうす が・・・

ランチは「お好み焼き」にしました


大阪府吹田市千里山東1-7-18
06-6387-8841

八兵衛 の友人が学生時代にアルバイトをしていたそうで、そこそこの人気店のようです



「豚」が600円とは今の時代安いです

さすが学生の街だけのことはあります

にもかかわらず ”ミックスモダン” 1,000円を注文・・・

自分で焼くスタイルではなくて、店主が焼いてくれるスタイルです




焼き上がるのに20分は待ったと思います

ミックスモダン の登場です



温められた鉄板からコテでデッドに頂きます

これが関西風の食べ方の特徴です

味は及第点・・・ いや美味しい部類に入るお好み焼きだと思います

近所にあれば、間違いなくたまに通うお店です


東京人はとかく「関西にはお好み焼き定食があるんでしょう」「ご飯と一緒に食べるんでしょう」と

周囲に関西人がいると、「お好み焼き」というキーワードで、すぐに質問してきますが

このスタイルでどうしてご飯が喰えるのか? 一度見てみたいものです


更に、「炭水化物&炭水化物で、さすが粉モン文化!」とバカにしたように言いますが

「お好み焼き」は決して炭水化物じゃないです

大体つなぎの「小麦粉」なんて少量で、大半が「山芋」だし

それを言うなら「焼きそば定食」です

本当は「きつねうどんとご飯」の組み合わせらしいです

きつねうどんの「甘く煮たアゲ」をオカズにして、ご飯を食べるそうです

炭水化物の組み合わせはすぐに熱量に変わる為、商業の街大阪のランチには適していたんでしょうね

あの「たかじん」も言ってました、大阪に住んでる地方出身の人が、始めた文化だろうと・・・

お好み焼きなんて、子供の頃から自分で焼いて、コテで「ふうふう」言いながら喰ってました

ご飯と一緒に喰ったことなんて、一回もありません



posted by tsugu_chan at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | └ ランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。