2013年02月02日

ASSEかなわ 〜ひろしま駅ビルアッセ6F



広島牡蠣料理の老舗 『かなわ』 束の間、瀬戸内の味に舌鼓・・・


一日遅れのアップです


日帰りの広島出張・・・

仕事を終えて、広島駅に到着したのが5時です

新幹線の出発までの束の間

駅ビルにある創業140年の牡蠣料理の老舗 かなわ さんで一杯やることに


広島県広島市南区松原町2-37 ひろしま駅ビル アッセ 6F
082-263-3296

銀座数寄屋橋近くにあった「オストレアカナワ」を潰して、6丁目に「銀座かなわ」をオープンしたようですね

この時代に儲かっているんでしょうか



とりあえず「生ビール」500円で乾杯




先ずは かきフライ 1,000円

「かなわ」の ”牡蠣” は小ぶりだと明記してありますが・・・

まるでジューシーさがない・・・?

これで1,000円の価値なんてどこにあるんでしょうか


では本日の「生かき」にいってみたいと思います



”広島” 1ヶ500円



”大黒神” 1ヶ400円



”先端” 1ヶ280円

「美味いな〜」と思ったのは ”広島” ぐらいでした

オイスターバーで頂く「北海道産」に比べると、どうも旨みに掛ける感じがします


続いて、 ”牡蠣” といえば「土手鍋」





かきの土手鍋 1,500円

これが一番イケてましたね



鍋の〆は「うどん」にしました

間違いなく、この一品が一番美味しいです




何故か 地鶏唐揚げ 850円

これもカスカス・・・ これが850円とはね




残り30分弱を「黒霧島/水割り」500円と かき塩辛 500円で・・・

15分前になったので、お開きとしました

生ビール都合3杯、焼酎1杯飲んで、〆て8,778円でした

駅ビルとはいえ、非常にコスパの悪いお店ですね




帰りに ”生もみじ” 1,000円をお土産に買って帰りましたが

子供には不評の「もみじ饅頭」もカミさんには受けがいいです

広島名物の「もみじ饅頭」

同じようなお土産が数ありますが、ダントツに美味しいと思うのは私だけでしょうか

キオスクで ”アサヒスーパードライ” のロング缶と「柿ピー」を買って

新幹線に乗り込んだのは言うまでもありません



posted by tsugu_chan at 08:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ├ 出張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。