2013年04月25日

つるつる庵 第2ビル店 〜大阪駅前第二ビル B1F



予定日のカミさんが運動がてら友人とフレンチへ、私はワンコイン。。。


昨日は予定日一日前のカミさんを病院へ・・・
丁度昼時だったので、ブログはお休みさせて頂きました


病院の先生「子宮孔は4cmちょっと... ですかね」
「来週まで待って、ダメなら医学的介入をしましょう」と。。。
つまり入院して、促進剤を使うらしい


4/30入院、5/1促進剤・・・ 私は5/1〜2と会社の合宿があって不在
それでは立会い不可能になってしまいます
私の都合で合宿の日程を遅らせて貰っているので、今更ながら・・・


カミさん「明日入院、明後日促進剤は・・・?」

医者「まだ医学的介入する時期ではありません」


「何を偉そうに、お前らの都合やろうが〜」と思いつつも、口にするのは何とか堪えました
病院も連休に入るので、そこを外している訳です
「クリスチャンの病院のクセに・・・」


仕方ありません
カミさんには仕事優先やから、「それまでになんとしても産め!」と一言。。。


カミさん「いやいや、ツグが立会いたいんちゃうん?」

私「まあそやけど。。。」

カミさん「日頃の行いが悪いから、こうなるんや!」

私「それはお前のことやろ!」

カミさん「なんでやねん? 見られへんのはツグやで〜 私ちゃうで!」

私「そうか、俺かっ! 俺の行いが悪いんや」

と納得する私・・・


その晩

カミさん「お腹痛いし、今晩かもしれへんから早よ寝て、起こすから・・・」

私「まだ9時やで、ナンボなんでも子供やないのに寝れるかい・・・?」と

寝室に入って、ベッドに寝転んだ途端に爆睡・・・
目が覚めたのは、ナント朝の7時
我ながら暢気なのには驚いた次第です


カミさん「よ〜寝とったな〜 私は陣痛で寝られへんのに」と嫌味。。。
昨晩カミさんが寝室から出て、戻ったら
すでに鼾をかいていたようです


「生まれそうになったら、電話くれ!」と残して、会社へいつものウォーキング
木曜の朝は大抵ラオウとの定例会の翌日で二日酔い
でも今日は爆睡のせいか、絶好調です


11時過ぎにカミさんから電話が

第一声「まだ生まれへんで・・・ 」
どうやら生まれそうにないから、運動がてら友人とランチへ行くそうです
それも予定日に、ましてやフレンチだとか。。。

カミさん「3,000円のランチ食べてくるで〜」

私「どうぞお好きなように。。。」(これで今晩呑みにいけるかもと微かな期待。。。)


そんな感じでランチタイムです
ググる君はまたしても歯が痛いそうで、柔らかいものしかダメらしく
いつもの流動食しか、ダメそうです


「じゃあ、俺もそれに付き合うわ」と、向かったお店は二ビルの 『つるつる庵』
昔は二日酔いの日に良く利用したものです
でも、かれこれ25年ぶりでしょうか


大阪市北区梅田1-2-2 大阪駅前第2ビル B1F
06-6346-0688

四半世紀ぶりに、ググる君と流動食を食べることになりました
流動食というのは「玉丼」のことです
それにしてもセットで400円とは・・・(吉野家より安いやん!)




確かに「玉丼」 玉子だけです
噛まなくても、スイスイ胃に入っていきます


まるで昨晩の残り物のカレーライスのように・・・
カミさん「噛み、噛み、噛み・・・」と三度口走ってたっけ?


「味は?」って
それはもう「玉丼そのもの・・・」っていうか
「初めて喰っただもん! これは病院食か?」と思いました




セットの「ミニかけそば」
それにしても緩い味だこと。。。


事務所に戻って、ブログを更新していると
カミさんから一通のメールが
「贅沢しています」と一言。。。


これで今晩確実に「呑みに行ったるねん!」と固く誓った つぐちゃんでした


「真綾(まあや)早く生まれてきてくれ〜」



posted by tsugu_chan at 12:08| Comment(4) | TrackBack(0) | └ ランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
つぐさん
こんばんは

「真綾(まあや)」ちゃん ですか
素敵な、お名前ですね
発音した時の響きが優しい感じが、かもし出されています
つぐさんの苗字が、分かりませんが
画数姓名判断を参考にされたのですか?

周りの皆から、可愛がられること間違いなしと思います
Posted by やまやん at 2013年04月25日 21:52
やまやんさん

こんにちは
生まれそうな雰囲気なんですが、まだ生まれていません

名前は先ずは「響き」から
そして漢字の持つ意味も調べて・・・
画数も姓名判断も全部ネットで調べました
10個ほどリストアップし
そこから三つ「和沙(なぎさ)、栞奈(かんな)、真綾(まあや)」に絞り
周りの反応を散々調べて、最終的に「真綾(まあや)」にしました
私の名前が一発で誰も読めない漢字だったので
ニックネームすら付けられたことがありませんでした
「つぐちゃん」というのは北新地で呼ばれていた愛称で
初めて付けられたニックニームなんです
先ずは誰でも読める漢字にしたいというのもありました
「和沙」も「栞奈」も読めない人が多かったというのもあります
「これだけ悩んで付けたんなら、娘に対しても言い訳できるんちゃう」
というカミさんの最後の言葉で決定しました

お褒めいただき、有難うございました

Posted by つぐちゃん at 2013年04月26日 12:21
和沙(なぎさ)、栞奈(かんな)は絶対読めへんわ。
真綾(まあや)ちゃん…やっぱりいまどきの名前やなぁ。○○子っていう昭和な名前と違うんやなぁ(^艸^)
ア段の音で始まって濁音がない名前がいいと聞いたことあるから、GOODやね(^0^)
Posted by 朱雀ゆう at 2013年04月27日 01:07
ゆうさん

こんばんは
今風に「子」だけは外したかってん
これからはグローバルに生きていかなあかんからね
国際結婚させようと思ってるから
外人でも簡単に言える名前にしたんです
Posted by つぐちゃん at 2013年04月27日 23:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。