2013年05月08日

麺や 六三六 大阪総本店



西は姫路、東は名古屋まで展開中の「六三六」の総本店で名物の ”特製つけ麺” を頂く


愛娘誕生という超ハッピーなGWだった訳なんですが・・・
GW期間中だっただけに、休んだ気が全くしません


連休後半は産後の入院と退院。。。
退院するや否や、我が家は赤ん坊中心の家に早代わり
私は始めてなんですが、こんなもんらしいです


毎晩赤ん坊の泣き声で目は覚めますが
一瞬で元の世界に逆戻り。。。
やはり私は神経質ではないようですね


今朝も寝不足のカミさんに「爆睡してたな〜」と・・・
「二時間毎かもしれんけど、お前なんか一日中寝れるやんけ」と
一応返しておきました


昨日は8時前には出社し、仕事の整理だけをして有休を取得
10時過ぎには会社を出て
出生届も含めて溜まっている用事をすべて済ませたら6時を回っていました


だから今日が連休明けの最初のランチになります
今日の口は「ラーメン」です
中でも、「つけ麺」を食べたい気分です



大阪市北区小松原町4-29
06-6311-8261

二度目でしょうか
西は姫路から、東は岐阜、名古屋にまで支店を増やしている 『麺や 六三六』
前回は〆に訪れた記憶があります


私はもちろん「つけ麺」を
ググる君とバリスタ君はオーソドックスに「ラーメン」を注文


「つけ麺」に ”極太麺” を使用とあったので、「ラーメン」が先にくると予想していたのですが
同時に出せるように、麺の茹で時間を調整してくれているようです
こういうところに気が利くお店は大概美味しいものです




「つけ麺」の ”極太麺” のせいで十分少々掛かりましたが
”特製つけ麺”850円の登場です




無化調の豚骨魚介Wスープに魚粉がトッピング
とろみが強めのいわゆるベジポタ系
魚粉は「煮干」ではなく、「鰹節」を使用しているせいか
上品に仕上がっていますが・・・




この自家製「極太麺」を合わせるには、少し弱いかもしれません
多加水率の剛麺を合わせるには、もう少しインパクトのあるスープがベター
決して不味い訳ではありません
それぞれの完成度はいずれも高いと思います




トッピングの具材はいずれも「六三六」ならではの特徴があって、ベストなチョイスだと思います


まあ、好みかもしれませんが
この上品なスープには加水率低めの喉越し感のある麺の方が合うような気がします


だからといって、この麺も捨てがたい
ならばスープしかありませんね




こちらは二人の「六三六ラーメン」
以前食べた印象では、「つけ麺」のスープとベースは同じ・・・


つけ麺に「極太麺」をあえて使用するなら、スープにもう一工夫欲しいところ。。。
つけ麺マニアとしては期待したいお店ですね



勝手なことばかり言って申し訳ございません
ご馳走様でした



posted by tsugu_chan at 12:46| Comment(0) | TrackBack(0) | └ ランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。