2013年05月09日

神戸元町別館 牡丹園 大阪梅田エスト店



気軽に美味い「炒飯」が食べたくなったら、ここしかありません


まだ反応すらしないわが子でも可愛くて仕方が無い
それでも後ろ髪を惹かれつつ会社へ
こんなことでは、しゃべるようなったら大変だと今から思います


会社以外には特に連絡もしていないのですが
このブログのリンクを見て、昔の同僚二名がメールをくれました
彼らは年下ですが、子を持つ親という観点では先輩です


しばらくはこんなことが続きそうな今日この頃・・・
それにしても今日は暖かいですね
一部の地域では夏日だとか


いよいよ私の季節がやってきます
ダイエットも兼ねて、今年の夏からは水泳でも始めようかと考えています


元々泳ぎは達者な方なんですが、それも昔のこと
数年前にクロールで10メートル泳いだだけで、息が上がったのを記憶しています
少しずつ始めるしかありませんが、愛娘の為に頑張りたいと。。。


そんな感じで今日もランチタイム
今日はバリスタ君と二人、ググる君は歯の治療・・・
とりあえず北新地を思ったんですが


バリスタ君から「美味しい炒飯を食べたい」という意見が・・・
それなら 『神戸元町別館 牡丹園』 さんしかありません
いきなり踵を返して、一路ナビオの方角へ


大阪市北区角田町3-25 エストエッジビル 4F
06-6376-6606

ナビオとエストの間の通りも休日は若者でいっぱいですが
平日それもお昼前となれば、人通りもまばらです

それでもエレベータで4階に上がると、お店は結構な客がいました
席に着いて、もちろん注文は ”コンビネーションランチ” 1,050円
「炒飯」とハーフ「ワンタンスープ」




「コンビネーションランチ」の登場です




この「炒飯」は筆舌に尽くし難い美味さです
100回語るより、1回食べるべしです
家庭では1万回作ってもできない味でしょうね




そしてスープ代わりの「ワンタンスープ」
絹のような衣に包まれたミンチ肉の餡を上品なスープと一緒に頂く
感動の嵐が吹きまくっています


場末の中華屋で「炒飯」にセットで出てくるあの不味いラーメンのスープとは全く違います
いずれも芸術の域に達している逸品だと思いますね
「炒飯」な間違いなくここです


週二日の魚の日を完全に忘れていますが、来週ぐらいからボチボチ始めたいと思います





6th「の圧倒的なクオリティーの高さ。。。 セットメニューなら ”炒飯” でしょう」(20130313)

5th「『神戸元町別館 牡丹園』の定番料理 ”五目焼きそば” を頂いてきました」(20130125)

4th「食欲の秋! 本場中華の ”炒飯” と ”ワンタン” のコンビを『牡丹園』で頂きました」(20120919)

3rd「『神戸元町別館 牡丹園』と言えば ”五目あんかけ焼きそば”を食べなきゃモグリでしょ」(20120831)

2nd「出張帰りで遅めのランチ... 究極の『炒飯』を別館牡丹園でいただきました」(20120808)

1st「テレビ番組に幾度となく紹介されている神戸南京町の本格的な広東料理を梅田で味わう」(20120322)



posted by tsugu_chan at 12:41| Comment(2) | TrackBack(0) | └ ランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
炭水化物のコンビネーションって感じでしょうかw
美味しいものは仕方ありませんね(^0^)
まあやちゃんの為にもお魚や野菜もしっかり摂ってくださいね〜。
Posted by 朱雀ゆう at 2013年05月10日 17:58
ゆうさん

おはようございます
ダイエットには大敵ですが
チャーハンを食べたくなったら、ここしかありません

テンションは下がりますが
魚も野菜も、これからは率先して摂取しようと思っています
(ホンかいな!)
Posted by つぐちゃん at 2013年05月11日 07:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。